メンズパンツのサイズ選び。シルエットと丈の長さに注目!


デニム、カーゴパンツ、チノパンなどなど。いろんなパンツがあるけれど、ファッションスタイルやあなたの身長によって選ぶサイズが変わってくる。

「でもどうやって自分にあったパンツを選んだらいいのかわからないorz」

っていうおしゃれ初心者メンズのために、今回はパンツの正しいサイズ選びをご紹介。

スポンサーリンク


パンツのサイズ選びのポイント

パンツを大きく分けると

  • チノパン
  • デニムパンツ
  • カーゴパンツ

この3つ。(他にもあるけどそれはまた今度)

この3つとあなたの目指すファッション、更に身長を考えたサイズ選びをしていこっか。

チノパン

3ジップフリップチノパンツ(ベージュ)

出典元:メンズファッションプラス | 3ジップフリップチノパンツ(ベージュ)

適当に選ぶとおっさん臭くなってしまうのがチノパン。

季節や年代を問わず使えて便利なんだけど、適当に選びすぎると間違いなく失敗するよ・・・。

基本的には細めのシルエットがおすすめ。細身のものは足を長く、スラっと見せてくれるから。

色はベージュが定番だね。あとはやっぱり黒は使いやすいよ。

ゆとりのある太めのものを穿きたいなら、トップスをコンパクトにまとめると全体のシルエットがまとまるよ。もしくはテーパードタイプのチノパンがおすすめ。

足元にいくにつれて細くなるデザインで、シルエットが綺麗に見える。

また、股下の長さは長くてもOK。

チノパンの場合裾をまくるロールアップという方法もあるからそのために長めのものを選ぶのはあり。

よくわからない場合は長すぎないものを選ぶようにしよう。

スポンサーリンク


デニムパンツ(ジーンズ)

色落ち加工ストレッチデニム

デニム(ジーンズ)はラフに着こなすことの出来る定番のパンツアイテム。キレイ目コーデに合わせてキレカジにしてもいいし、カジュアルさ全開のアメカジもおしゃれ。

選ぶポイントとしては股下の長さに注目。あなたの足の長さよりも長すぎると、生地が余ってだらしない感じになっちゃうよ。

ブーツなどを履いて、あえて余らせるようなファッションでない限りは少し余裕があるくらいで十分。

カジュアルさを出したいなら細め〜太めまで。

太くなるほどラフさが出てくる。スリムに大人っぽく見せたいなら細めのシルエットがおすすめ。

カーゴパンツ

スリムカーゴストレッチパンツ

出典元:スプートニクス | BIG SMITH スリムカーゴストレッチパンツ

ゆるくカジュアルに着こなせるのがカーゴパンツ。チノパンと同じく股下長さは少し長めでもOK。

ラフさを強めにだすならちょっと太めのデザインを。キレイ目ゆるカジに見せたいなら細めのデザインがおすすめ。

3つの中でも特にゆるく着れちゃうから、サイズ選びが適当になりがち。初心者はまず細めのものから選ぶのがおすすめ。最近はカーゴパンツでもキレイ目に着こなせる細身のタイプが人気。

太めのタイプは着こなしが難しいからあんまりおすすめしないよ。カーゴパンツが好みのメンズは要チェック。

結局最初はどれを選べばいいの?

大きく3つの定番パンツを紹介したけど

「ぶっちゃけ最初はどれから選べばいいの?」

って気になるよね。

けいけいがまずおしゃれ初心者さんに揃えてほしいのはチノパン!!

色はベージュと黒を1本ずつ。これだけで十分。

つまり・・・

ショールカーディガン×長袖シャツ×半袖無地T×チノパンツ(4点セット)

出典元:メンズファッションプラス | ショールカーディガン×長袖シャツ×半袖無地T×チノパンツ

こんなコーデや、

ニット×チェックシャツ×半袖T×チノパン(4点セット)

出典元:メンズファッションプラス | ニット×チェックシャツ×半袖T×チノパン

これの2つがあれば十分。

カジュアルにもフォーマルにも対応出来るし、年齢に左右されない誰でも穿きこなせるってのがポイント。

パンツは下半身全体の印象を決める重要なアイテム。足元からおしゃれになるためにきちんとサイズを選んでねー。

 種類別パンツの着こなしとコーデポイントまとめ

スポンサーリンク