2015年冬、男のモッズコートのおしゃれな全身コーデと着こなし


「モッズコート」「モッズパーカー」と呼ばれるアウターは、米軍の極寒防寒着「M-51」が原型モデルで、ミリタリーテイストアウターの代名詞的存在。

ミリタリーは秋冬の大注目トレンドの一つだから、ぜひチェックしておこう。近ごろはセカオワの影響もあって、冬のおしゃれアウターとして定番化してきたよね(笑)

実は、選ぶ色や合わせるアイテム、着こなしで全く違う雰囲気を作れるから色々紹介していくよ。

スポンサーリンク


ラフに着こなす、上品ベージュの中綿モッズコート

モッズコート×VネックロンT×ツイルチノパンツ(3点セット)

モッズコートってカーキや黒のイメージが強いけど、初めてのメンズは上品なベージュがトライしやすいよ。

もともと防寒性の高いモッズコートだけど、中綿入りのタイプなら寒さ知らず。実際めちゃくちゃ暖かい。

インナーは、一枚でもおしゃれ感が出せる段染めデザインのロンT。着回し力無限のベーシックな黒のチノパンをボトムに合わせて、ラフなスタイルに仕上げよう。ゴツメのブーツでアウトドア感を統一すればこなれた感じにまとまるよ。

男らしくワイルドに決めよう!スタイリッシュな黒モッズ

モッズコート×クルーニット×長袖T×デニムスキニーパンツ(4点セット)

ファーが付いたフードと黒のアウターが無骨な男らしさを感じさせる一着。フードは取り外しOK。はずしてキレイ目に着こなす事も出来る優秀アウターだよ。

シャーリング加工が美シルエットを作り出して、ワイルドだけどスタイリッシュな印象に。ボトムは定番デニムでカジュアルダウン。インナーに合わせた薄っすらカモフラ柄のニットは、さりげないミリタリー感がおしゃれ。

合コンやデートでアウターを脱いだ時もおしゃれに見えるポイントアップアイテムだね。

王道カーキはシンプル大人スタイルに

カーキ モッズコート

「モッズコート」と聞いて先ず思い浮かぶのが、王道のシンプルなカーキタイプ。

形も後ろ身頃のフィッシュテイルや大きなポケットなど、M-51を再現している本格派。内側のキルティング仕様や袖口と襟元のリブで防寒対策もバッチリ!

上までキチッと閉めて、首周りにボリュームを出すと小顔効果もあるんだよ。

男臭く着こなすよりも、ボタンダウンの白シャツや細身のテーパードデニムでキレイ目にまとめるのがベスト。足元はドレスシューズを合わせると大人スタイルが完成だね。

 モッズコート
 ボタンダウンシャツ
 テーパードデニム

ベーシックアイテムで大人の爽やかモッズスタイル

ネイビー モッズコート

実は上のコーデと同じコートとデニムを使った全身コーデなんだけど、分かったかな?

カーキ→ネイビーに変えただけで、こんなにも雰囲気が違うなんて驚きだよね。紺色だとグッと大人っぽさと、キチンと感が出るよね。

インナーには、ベーシックなサックスブルーのボタンダウンシャツとボーダーニットのレイヤード。清楚な大人系彼女にもウケが良い社会人メンズのキレイ目カジュアルスタイルになるよ。ボトムはロールアップして脚長に見せるのがコツ。

 モッズコート
 ボーダーニット
 オックスフォードシャツ
 テーパードデニム

太ボーダーニットでカッコ可愛いコーデ

モッズコート×クルーニット×長袖T×デニム(4点セット)

最初の中綿モッズコートと同じコート。優しいイメージのベージュカラーに、もこもこ素材のニットで可愛い雰囲気がプラスされたもの。

ベージュ、ホワイト、ネイビーはカラーコンビネーション的にも上品に見えて、相性が良い組み合わせだから、覚えておこう。

程よくダメージ加工されたデニムで男らしくクールに引き締めて。スエードのブーツもトップスと同じベージュを選べば、キレイ目にまとまりのある全身コーデ完成。

まとめ

今回の全身コーデで紹介したモッズコートは、どれもオーソドックスなタイプ。ベージュ、黒、ネイビー、カーキ。色が違うだけでも意外とイメージが変わるよね。

インナーの柄や素材感、ボトムのシルエット…着こなし方しだいでガラッと雰囲気が違って見えるから、ますます冬のおしゃれが楽しくなるね。

キレイにまとめるコツは、1、使う色を少なくする事。2、足元はブーツで大人っぽく。これであなたも、おしゃれ初心者から上級者へステップアップだね!

スポンサーリンク