2015年冬、メンズダウンジャケットの着こなしとコーデまとめ


冬の寒さが本格的になってくると同時に、街のダウンジャケット率も高くなってくるよね。やっぱり、ボリュームのあるアウターをカッコ良く着こなしているメンズって女子人気も高いからかな。

「ダウン」って聞くとモコモコでボテッとしているアウトドアウェアのイメージを思い浮かべる人が多いと思うけど、最近のダウンは違うんだよ!

ダウンらしいボリュームはありながらもスタイリッシュに着こなせる、そんなダウンジャケットが続々登場している。進化形ダウンジャケットのコーデを紹介するよ。

スポンサーリンク


男っぽいクールなブラックレザー風ダウンジャケット

ファージャケット×ボーダーT×カーゴパンツ(3点セット)

ヘビロテ間違いなしのレザー調ブラックとリアルファーが高級感のあるダウンジャケット。男っぽさを感じさせる程よいボリュームと、さりげないV字デザインが膨らみを抑えてスタイル良く見せてくれるよ。

大人っぽく着こなすコツは、タイトなボトムで引き締めること。シルエットのキレイさが評判のカーゴパンツがおススメ。

そして、この全身コーデをカッコ良く仕上げる最後のアイテムが、デニムスニーカー。「足元で遊ぶ」、おしゃれ上級テクだよ。

大人の渋さ際立つ!PUレザーは知的に決める

WET-PUレザージャケット アーティフィシャルダウンHelter

出典元:スプートニクス | WET-PUレザージャケット

手に吸い付くような独特の柔らかい感触のWET-PUレザー素材。高級感とエレガントな雰囲気が魅力。

毛足の長いファーと大きめのフードが優雅さを演出してくれるデザイン。知的なイメージを引き出す、ニットカーディガンとシャツのコンビをインナーに合わせてね。

ダークブラウンのアウターと、ワインカラーのニットが大人の渋さを際立たせてくれるよ。インディゴデニムとスエードのシューズでキレイ目スタイルに仕上げよう。

必見!モテダウンならやっぱりキャメルカラーでしょ。

ファージャケット×長袖T×チノパン(3点セット)

何と言っても冬のキャメルカラーアウターは鉄板。優しい雰囲気がカワイイ系彼女にも清楚系彼女にもウケが良いカラーだよ。

優しい色使いとは逆に男らしいデザインのダウンジャケット。意外性もモテポイントアップ!インナーに合わせた杢グレーのロンTも優しさ感プラス。

逆にクールなイメージの黒のスキニーパンツとゴツ目なシューズをボトムに選べば、メリハリが出ておしゃれに見えるよ。

高級感漂う大人のプレミアムウール混ダウン

ダウンジャケット ニットソー シャツ カーゴパン

抜群の存在感と温かさが人気の、プレミアムウール混ダウンジャケット。マットな質感とネイビーがシックな大人の余裕を感じさせる一着。

「男の大人の余裕」にグッと来ない女子は居ないと言っても過言じゃないから、要チェックアウターだよ。

インナーに合わせたVネックニット+ストライプシャツで、更に大人社会人メンズアピールしよう。ボトムは細身の美脚カーゴを合わせて、Yラインでキレイ目に仕上げるのがポイント。

ライトなダウンジャケットのシンプルスタイル

ダウンジャケット×アンサンブル×タイトカーゴパンツ(3点セット)

何にでも合わせやすいオーソドックスな黒のライトダウンジャケット。とりあえず1着あると使えるアウターだよ。

シンプルだけど、寒くないように首元や袖口のリブニットが北風を防いでくれる、しっかり考えられたデザインが人気。

インナーは1着でライトグレーと濃いネイビーのレイヤードスタイルが作れるカットソーがおしゃれ。さりげなくおしゃれ感の出せる優秀インナーだよ。

ボトムは万能カーゴとマウンテンブーツでスッキリ統一感のある全身コーデ完成。

まとめ

クールなレザー系、エレガント系、優しい系…アウトドアウェアのボテッとしたイメージだったダウンジャケットとは、ちょっと違ったよね?

ボリュームアウターには、細身のボトムでYラインを作るのが着こなしのポイントだからメモっておこう。

真冬のアウターとして1着は持っておきたいダウンジャケット。あなたもお気に入りを見つけて、スタイリッシュな新しいダウンジャケットコーデで街へ出かけてみよう。

スポンサーリンク