2016年冬、1月にメンズが着こなしやすいおしゃれコーデまとめ

1月は正月休暇で地元に帰省したり、成人式の人もいるんじゃないかな? この季節は同級会とかも多いから、久しぶりの友達と飲んだり、思いがけない出会いもあったりするよね。

それから、彼女や友達と初詣に出かける予定のメンズも多いよね。いよいよ冬本番だけど、もちろんおしゃれにだって気を使いたい。

そんな1月でも、寒くない着回し力高めでおしゃれなコーデを紹介していくね。

スポンサーリンク

モテキャメルPコートの帰省スタイル

メルトンPコート×長袖ジップパーカー×半袖無地T×デニム(4点セット)

出典元:メンズファッションプラス

「黒や紺のPコートは持ってるよー」って言うメンズも多いと思うけど、2着目にはモテカラーとして人気の高いキャメルはどうかな?

「明るい色は苦手」と思っているあなたでも、Pコートならどんなボトムとも合わせやすいからチャレンジしやすいよ。着回しやすいグレーのパーカーとデニムの定番アイテム同士のコーディネイトで失敗なし。

「履き心地が楽チン」と評判のデニムなら、バスや電車などの移動が多い帰省時にも活躍してくれちゃうよ。

スタジャンって寒くない?安心して下さい!「中綿入ってますよ」

ピュアウールメルトンスタジアムジャンパー

出典元:スプートニクス

一見テーラードに見えるけど実はスタジャンな1着、しかも中綿入り。こんなに細身でスッキリなのに中綿ジャンパーとは驚きだよね。今年人気の太めケーブルニットをインナーに。白いニットが爽やかで女の子にも人気。

ボトムは見た目にも温かみが感じられるピーチ素材の美脚パンツ。仕事の日もオフの日もどちらにも使える「できる男のパンツ」おススメだよ。

こんなコーデならアラサー社会人でも、キレイ目にスタジャンを着こなせるね。

男気あふれるクールダッフルコーデ

メルトンダッフルコート×長袖Tシャツ×タイトカーゴパンツ(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス

ちょっと可愛いイメージのあるダッフルコート。そこがモテポイントでもあるんだけど、今回は男っぽい着こなしをしてみよっか。

まず黒のダッフルにカーキのカーゴパンツ。インナーも黒のパイル地Tシャツ。とダーク系カラーで全身落ち着いたトーンにまとめよう。

そして仕上げの足元は、男らしさ満点のアウトドアブーツ。ゴツ目のブーツを選ぶと、より引き締まるから大人の男臭さが出せるよ。

女子もドキッ!大人なモッズコートスタイル

モッズコート

出典元:Dコレクション

冬のトレンドキーワード「ミリタリー」を代表するモッズコート。ここはしっかり抑えておきたいアウターだよね。

襟元の立ち上がりと、ファーが付いた大き目フードが小顔効果を生み出す優れもの。男っぽいモッズコートをキレイ目に着こなしていると、女子はグッときちゃうんだよね。

タートルニットとスキニーパンツでアウターの中はIライン、全身をYラインにするのがキレイ目コーデのポイント。足元はモッズコートと相性抜群のエンジニアブーツがカッコ良いね。

2016初詣デートはチェスターコートで決まり

チェスターコート

出典元:Dコレクション

程よくシェイプされたウエスト、長めの丈が特徴の大人気チェスターコート。冬のモテカラー、キャメルがパっと目を引くね。

フォーマルにも着こなせるこのアウターを、デニムを合わせてオフの日スタイルにしちゃおう。インナーには上品なテイストがマッチしている、タートルネックニット。太めのケーブル編みが今年らしい。

ボトムもシューズも程よくカジュアル、程よくフォーマルで全身まとめて。彼女との新年デートもおしゃれに決められるね。

合コンでも目立つこと間違いなし!ロックなデニムPコート

デニムPコート×段染め長袖T×スリムパンツ(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス

形はPコートだけど、ライダース風。素材はヴィンテージ加工デニム。色はオフホワイトに黒いパーツでアクセントをつけて。

ワイルドだけど、優しい雰囲気も持ち合わせたクールなアウター。「ちょい悪風だけど…気になっちゃう」的な。女子はこーゆうのに弱いんだよねぇ。

ボトムには柄を主張し過ぎないダークカラーが人気なカモフラパンツ。見えないけど、実はインナーの段染ロンTもおしゃれ度高め。

合コンでアウターを脱いだ時も目立てる全身コーデだよ。

まとめ

寒さが増すこれからの季節。寒さ対策もバッチリな全身コーデを紹介したけど、あなたが好きなコーデはあったかな?

キャメルやホワイトなど明るい差し色を上手く使うと、おしゃれ感が出せるよ。さらに、ミリタリーやチェスター、ケーブルニットなどトレンドアイテムをさりげなく取り入れて、おしゃれ上級者の仲間入り。

初詣や地元へ帰省しての同級会や飲み会。おしゃれスタイルで2016年も楽しもう。

スポンサーリンク