2017年冬のぽっちゃりメンズが細く見えるおしゃれなコーデと着こなし。

自分の体型、特にぽっちゃり体型のメンズは悩みも多いよね。

冬は太りやすい季節だし、クリスマスや忘年会 、お正月…とイベント続きで「最近お腹周りがヤバイな・・・」って気になっているメンズも多いんじゃないかな?

そんな悩めるあなたも「おしゃれを楽しみたい!」「カッコ良く見られたい!」「モテたい!」男子の永遠のテーマだよね。その悩み、今から解決しちゃうよー!

スポンサーリンク

気になる部分は隠しちゃえ。ダークカラーで細見せ効果

中綿フード付きコート×ロンT×スリムパンツ(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス

冬の定番アウターでもあるダウンや中綿ジャケットは、スノーマンみたいになっちゃうんですけど…てお悩みのメンズ。でも、この中綿ジャケットならスッキリ着れるよ。

シルエットはゆったり目だから気になる部分も隠せるし、黒いアウターと同系色のファーが大人っぽいのもポイント。

インナーに合わせるのは、レイヤードTシャツ。着回し力抜群でどんなコーデにも合う鉄板アイテムだよ。ボトムのカモフラパンツもダークカラーでまとめると、細く見える効果があるから覚えておいて。

王道のPコートはショート丈で決まり!

Pコート×デニムシャツ×半袖T×スリムパンツ(4点セット)

出典元:メンズファッションプラス

脚長=スッキリ、つまり全身がスラリと見えるってこと。そのためにはトップスをショート丈にすると脚長効果があるんだよ。「でもショート丈って、お尻とかお腹周りが目立ちそう」「ぽっちゃりメンズにはハードル高くない?」って思うよね。

そこを敢えて見せるのがこのコーデのポイント。まずは、王道アウターのPコートならショート丈にもチャレンジしやすい。ボックス型のPコートと程よいフィット感のボトムの組み合わせでIラインシルエットを作ると細く見えるよ。

素材感で遊ぶ。カジュアルブラックコーデをスタジャンで作ろう

ウールメルトンスタジャン スタジアムジャンパー

出典元:スプートニクス | ウールメルトンスタジャン

ぽっちゃりメンズにとって、明るい色はちょっと抵抗があるよね。基本色の黒なら細見せ効果もあるし、トレンドアイテムにもチャレンジしやすい。

旬のケーブルニットも今シーズンのおススメインナーだから是非取り入れてみて。超美脚スキニーパンツも黒、大人っぽいスタジャンは黒に近いネイビーを選んで。

ブラックワントーンのコーデも素材感の違いがおしゃれ度高め。アウター、ニット、パンツの全てがXLサイズまであるのも嬉しいね。

小顔効果でスッキリ!ラフに着こなすボリュームネック

ボリュームネックスタンド×UネックT×カーゴパンツ(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス

軽い素材感とラフなスタイルで春まで使える全身コーデ。襟元にボリュームのあるアウターは小顔効果が期待出来るよ。上までキッチリ閉めずに、インナーをチラ見せする程度にVネックラインを作るのがポイント。

肌触りの良さに定評がある、何枚持っていても間違いない白のロンTが爽やかだね。ボトムは絶妙なシルエットが人気のカーゴパンツ。サイドジップがアクセントになってカッコ良いね。

足の太さを隠そうと思って、ダボダボのパンツを履くのは逆効果だよ。

羽織るだけで良いんです。ハイクオリティ大人ジャケット

スタンドコート ニットアウター カットソー チノパンツ

出典元:メンズスタイル

とにかく計算し尽された美シルエットを作ってくれる大人気アイテム。「細身のシルエットなんて、大丈夫なの?」って心配になったメンズ。

ジャケットの胸元を大きく開けてマフラーや小物を合わせると、目線が上に向くからウエストラインが実はカバーできちゃうのだ。これ意外と簡単なのに効果的。

裏地や袖口などディテールにも作り手のこだわりが感じられる、大人っぽい清潔感のあるアウター。女子ウケも抜群で「できる男」を演出できちゃう。

まとめ

ぽっちゃりメンズが細く見えるファッションポイント。まずはサイズ感。

ダボダボ系は逆に太く見えるからNG。かと言ってピタピタ過ぎるのもNG。今回紹介したアイテムは、どれもLサイズやXLサイズまである物ばかりだから、しっかり選ぶべし。

次に、マフラーやアクセサリーで、視線を気になるところ以外へ向けさせるって言うテクニックも是非覚えて欲しいなー。さあ、あなたも自信をもって冬のおしゃれを楽しんでねー。

スポンサーリンク