2016年春、花見向けメンズファッションの着こなしとコーデまとめ


天気予報でも桜の開花予想が発表される季節になって来たね。少し大袈裟だけど、桜の花を見ると「日本で暮らしていて良かったなぁ」って思わない?

友達と大勢で桜の木の下で宴会するも良し、彼女と二人で夜桜並木をデートするも良し。お花見は日本人にとっての一大イベントであることは間違いないよね。

そこで今回は、お花見に出かける時の着こなしについて紹介するよー。

スポンサーリンク


開花情報はまめにチェックしておこう!

さてさて気になるのは、「2016年はいつ桜の花が開花するの?」「今年の冬は暖冬だから開花はいつもより早いのかな?」と思うよね。

でも「本来気温が低くあるべき時期に暖かった事が、花の芽吹きを遅らせている。」と言う理由から「2016年の開花は平年より遅くなる」と言われてるよ。

その他にも桜の開花時期については「600度の法則」と言って、2月1日以降の気温が累計600度になった日に開花する。とされる説が有力なんだとか。

まぁ、とにかく花見なんだから、桜の花が咲かなくちゃ話にならないわけで、開花予報はこまめにチェックする必要があるね。

 桜の開花情報はこちらのサイト

お花見ファッションの3大ポイント!

 春らしい明るめの色を取り入れたファッションをしよう。

オシャレに見せるコツの1つとして季節感を大事にすること。

全身真っ黒とかよりも、白や青、ライトグレー、桜色とか…春を意識させる明るい色のアイテムを入れるようにしよう。気分も明るくなるよね。

 キレイ目カジュアルで失敗なし!女子ウケ抜群。

いつも言ってるけど、やっぱり大事なのは清潔感。清潔感のあるキレイ目カジュアルなら、どんなタイプの女子にもウケが良いよ。カチッとしすぎず程よくカジュアルのバランスがポイント。

逆にお花見なのに、キメ過ぎたファッションは空回り感が痛々しいからやめておこう。

 夜桜対策も忘れずに。アウターを用意。

「花冷え」なんて言葉があるように、昼間の気温は高くても夜桜を楽しむ時間帯になるとグッと冷えてくるよね。

だから夜桜をしっかり楽しむためにも、防寒力のあるジャケットやアウターを忘れず用意しておこう。

スポンサーリンク


年代別オシャレなお花見コーデ

それじゃあ、順番に10代、20代、30代の年代別におススメのお花見ファッションを見ていこう。

ちょっと背伸びした大人っぽい王道キレカジコーデ

モノトーンコーデ

ちょっと大人なコーデに欠かせないテーラードジャケット。ワンボタンで素材も軽いタイプならカジュアルにも使いやすく、着回し力高め。

明るいライトグレーのジャケットをメインに、ボーダーのカットソー。ボトムは脚長効果がある細身のテーパードデニムで全身をIラインでまとめると、大人っぽくスタイルも良く見えてオシャレポイントだよ。

白黒系モノトーンコーデの足元に、キャメルのシューズで色を加えるとオシャレ度アップ。

 ポンチテーラードジャケット
 ボーダーカットソータートルネック
 スキニーデニムパンツ
 アンティークデザインパブーシュ

女子ウケ抜群!アウトドア系お花見コーデ

七分袖テーラードジャケット×七分袖Tシャツ×スリムパンツ(3点セット)

朝から場所取りして、河川敷や公園でお花見バーベキューも定番の楽しみ方だよね。午前中や日が暮れてからの肌寒い時間もジャケットが1枚あると便利だよ。

七分袖タイプのジャケットなら、バーベキューの準備とかでも動きやすいからおススメ。アウトドアでてきぱき働く男子に女子は弱いから覚えておこう。

シックな色合いの細身カモフラパンツとブーツで、シチュエーションに合わせた着こなしって言うのも大事なオシャレポイントだよ。

 七分袖テーラードジャケット×七分袖Tシャツ×スリムパンツ

しっとり夜桜デート大人スタイル

スタンドネックリブニットカーディガン

出典元:スプートニクス

ライトアップされた桜並木をただ歩くだけでも、オシャレなデートになるのが桜マジック。夜は少し肌寒くなるからニットジャケットで暖かくして出かけよう。シンプルで洗練されたデザインが大人の男の魅力を自然と引き出してくれるよ。

春先の夜空に生える白をメインに、ネイビーの美脚チノパンを合わせて清潔感溢れる着こなし。足元の黒いレザー系スニーカーが軽快さと動きやすさと、大人っぽい引き締めの役割もあるんだよ。

まとめ

今回は「お花見」がテーマってことで、明るい色のライトグレーや白のアウターをメインに使ったコーデを紹介したよ。春なので爽やかな雰囲気が女子にもウケるよね。

それから、バーベキューをしたり、桜を見ながらの飲み会、桜並木の散歩とかアウトドア要素が高いから、動きやすいカジュアルさも大事なポイント。

桜が主役のお花見だから、桜より目立とうとせず、シンプルにキレイ目カジュアルでまとめるのがおしゃれでかっこよく見せるコツ。今年の花見も楽しんでね!

スポンサーリンク