ピンクシャツを使った夏のおしゃれなメンズコーデと着こなし方は?


この前も紹介したけど「脱ベタベタな夏」ってことで、サラッと着こなせる夏のシャツライフパート2。(パート1はこちら)シャツスタイルのメリットは覚えてる? 一番は何と言っても「清潔感」。さらに「爽やかさ」もポイント。

今回はそれに加えて「色気」を感じさせる、ピンクシャツに絞ったおしゃれな着こなしを紹介することにしよう。

スポンサーリンク


実は着回し力高め!?ちょうど良いピンクシャツ

オックス七分袖シャツ×フライス七分T×クロップドパンツ(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス | オックス七分袖シャツ×フライス七分T×クロップドパンツ

カジュアルとドレスの中間的な、ちょうど良さが人気のオックスフォード生地。「ピンクは合わせにくいから・・・」と心配しているメンズ、安心して。

淡いピンク色は、白シャツにも劣らない着回し力高めなちょうど良いカラー。夏でも暑苦しくない七分袖も、着丈もちょうど良い一枚。

ボトムには、チャコールグレーのクロップドパンツ。ピンクとグレーは好相性カラーだからおススメだよ。足元のブルーで色をプラスすれば、さらにおしゃれ感アップな全身コーデ完成。

夏デニムも爽やかに着こなせるモテシャツコーデ

オックスフォードシャツ メンズ 7分袖

出典元:Dコレクション | オックスフォードシャツ 7分袖

短めの着丈、涼し気な七分袖のシャツは、ポロシャツやカットソー感覚で着回せるカジュアルな一枚。そしてこのシャツの特徴は、前立てと袖口裏からチラリと見える赤白青のトリコロールテープ。

さりげなく効いたアクセントカラーが洒落た男をアピールできる。女子にも人気間違いナシのモテシャツだよ。淡いピンク色が、暑苦しくなりがちな夏のデニムも爽やかに変身させてくれるね。足元は軽やかにまとめるのが最終ポイント。

爽やかリネンシャツで作る華やか大人スタイル

麻混シャツ ピンク

出典元:Dコレクション | 夏向け麻混シャツ

鉄板夏素材とも言える麻混シャツ。通気性の良さと着心地の良さが不動の人気。リネン独特のシャリッとした風合いが、大人メンズのカジュアルスタイルにおススメだよ。

洗濯後のシワ感も逆にこなれ感が出て良いカンジになるから、扱いやすい点もおススメポイント。

リラックスしたリゾートテイストで彼女との旅行にもピッタリな一枚。シンプルなクロップドデニムも、キレイなピンク色がコーデに華やかにしてくれる。

男らしさが光るストライプピンクシャツ

ストライプリブ七分袖シャツ×半袖T×カツラギストレッチチノパン(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス | ストライプリブ七分袖シャツ×半袖T×カツラギストレッチチノパン

ここまでの3つのスタイルは、柔らかい優しい雰囲気だったけど、この極細ストライプシャツはグッと男らしいタイプ。

少し濃いめのピンクと白のストライプに袖口は黒のリブ仕立て。ピンクと白、黒のカラーコントラストがカッコ良い。ボタンも袖口と同じく黒を使って引き締まった印象の一枚だよ。

シンプルな美脚ストレッチチノパン、ボリュームのあるブーツと、全て黒の武骨な男らしいアイテムで統一感のあるコーデにまとめよう。

シンプルこそがオシャレだ!夏の定番シャツスタイル

roshell(ロシェル) フレンチリネン綿麻7分袖シャツ

出典元:ジギーズショップ | roshell フレンチリネン綿麻7分袖シャツ

やや透け感のある薄手ピンクシャツ。素材は綿麻のベーシックなタイプ。洗うたび、着るたびに自分に馴染んで、しっくり落ち着いた風合いになっていくのが嬉しいね。

どんなボトムとも合わせやすい着丈で、誰でも失敗せずキレイ目シルエットに仕上げてくれる一枚。

定番のレタリング(文字プリント)Tシャツとデニムを合わせた、シンプルな王道スタイルがカッコ良く決まる。とにかく一枚欲しい夏シャツだよ。

まとめ

ピンクシャツは、コーディネートを華やかにしてくれるところ、優しい雰囲気を作り出してくれるところが魅力。

白以外の淡色は、挑戦したことがないと言うメンズでも取り入れやすいカラーだよ。白いインナーと、デニムや濃色系パンツのシンプルなコーデに抑えることで、男らしさと色っぽさのあるスタイルに仕上がるから参考にしてみてね。

スポンサーリンク