2017年、ぽっちゃり、デブ体型メンズの体型カバー夏服コーデ

体型を気にしてる、ぽっちゃりメンズの中には「太ってるから汗だくで、夏は苦手」とか、「お腹周りの肉が気になって、Tシャツ一枚の季節はちょっと…」なんて夏が嫌いな人も多いんじゃないかな?

今回は、そんな悩めるあなたにおススメの、スグに使える体型カバー夏服コーデを紹介していくよ。

スポンサーリンク

苦手な白はシャツスタイルがおススメ

Audience日本製:オックスフォード:ブロード:綿麻:ダンガリーボタンダウン半袖シャツ

出典元:スプートニクス

⇒Johnbull ユーズド加工 テーパードアンクルデニム

デブにとって淡色系、特に白は鬼門とも言うべき避けたい色。でも夏の白は誰もが認める爽やかカラーだよね。

そこで、同じ白い色でもシャツタイプなら、襟とかボタンとか立体的な作りが目線をそらす効果もあって、平面的なTシャツより断然おススメなのだ。

シャリっとした肌触りの綿麻素材が、涼しくて汗かきメンズでも安心だよ。ボトムは王道のデニムを合わせるのが夏らしい。足首の見えるアンクル丈がトレンド感もあってオシャレだよ。

Tシャツはカラーと表情で選べ

Uネック半袖Tシャツ×デニムアンクルパンツ(2点セット)

出典元:メンズファッションプラス | Uネック半袖Tシャツ×デニムアンクルパンツ

テロンとしていて平面的なTシャツスタイルは、どうしても体型カバー効果が低くなってしまいがち。でも、Tシャツのない夏なんて考えられないから、ぽっちゃりメンズ向けTシャツ選びのポイントを教えるね。

まず色は、黒・紺・グレーの三大基本濃色。着回し力も高いし、細く見えるから。

そして、その表情にも注目して欲しい。杢グレーのように、メランジっぽく見える物や、凸凹したワッフル生地なんかもおススメ。

ボトムに合わせたベージュデニムは、爽やかで何にでも合わせやすい優秀ボトムだよ。

大人カジュアル派のポロシャツコーデ

Dコレクション

出典元:Dcollection

キチンとしたイメージもあり、スポーティでもあり、涼しくて清潔感もある。大人の夏ウェアとしておススメなのがポロシャツ。

襟やボタンのあるデザイン、大人っぽくて上品なネイビー。体型が気になるあなたでもスッキリ着こなせるよ。

夏の人気ボトム、クロップドパンツを合わせてクールな大人カジュアルに仕上げよう。落ち着いたカラーとキレイ目なシルエットとは反対に、ストレッチ入り素材やウエストゴムで履き心地楽チンな点も嬉しいね。

程よい肌見せで作る着やせパーカースタイル

七分袖ジップパーカー×半袖無地T×デニムクロップドパンツ(3点セット)

出典元:メンズファッションプラス | 七分袖ジップパーカー×半袖無地T×デニムクロップドパンツ

「体型カバー」って聞くと、気になる部分を隠す事を思い浮かべるよね。でも、ただ隠すだけじゃなくて、目の錯覚とでも言うか、視覚効果によって痩せて見せることも出来るんだよ。

その為には体の中で最も細い部分、手首と足首を敢えて見せると有効的。フードやジップなど立体感のあるデザインで、七分袖のパーカーなら一石二鳥。

足首の出るクロップドパンツも、デニムならコーデに取り入れやすいよね。骨ばった部分を出すことで男らしさもアピールできるよ。

トレンドを楽しむビッグTコーデ

出典元:Dcollection

この夏の大きなトレンドと言える、ビッグTシャツ。オーバーサイズのTシャツに細身のパンツを合わせる。コレだけで今年っぽいコーデが完成。

体型がカバーできるビッグTの流行は、ぽっちゃりメンズにとっては朗報だよね。シンプルかつおしゃれに見せたいならモノトーンの組み合わせがおすすめ。

ボトムは理想のほっそりシルエットが手に入るアンクルスキニーパンツ。夏らしく足首を見せるってのがポイント。

トレンドを抑えつつも、ぽっちゃり体型を上手にカバーしたコーデ。

まとめ

濃い色で細く見せるテク。平面的なものより立体的なもの。出す所と隠す所のバランスで作る着やせ効果。

スグに使えるコーデ術を紹介したけど、役立てそうかな?花火大会や夏祭り、今まで苦手だったイベントだって、オシャレして楽しんでほしいなー。

スポンサーリンク

6月のメンズ向け、おしゃれな服装とコーデポイントまとめ

おしゃれ初心者がまず揃えるべき10のメンズファッションアイテム

季節別モテるコーデポイント

女の子にモテる夏のメンズファッションポイント、コーデまとめ

服のことがわからないメンズへ

おしゃれになりたいメンズに見てほしい記事まとめ

体型や服選びのお悩み

おしゃれ、ファッションに関するよくあるお悩み一覧