2016年冬、初心者でもおしゃれメンズになれるおすすめコーデまとめ


冷たく澄んだ空気に、吐く息も白くなって、すっかり冬だね。

冬の着こなしは、コートや厚手のアウターがメインになってくるけど、「とりあえずコート着とけば良いでしょ!」と思ってるメンズ、多いんじゃない?

ボトムとの相性や、オシャレに見えるシルエット、総合的な着こなしのポイントを紹介するから要チェック。

スポンサーリンク


キレカジに着こなす冬の基本、黒Pコート

p%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88xv%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88x%e3%83%81%e3%83%8e%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3

出典元:メンズファッションプラス | Pコート×Vネックニット×チノパン

制服時代から馴染み深い王道アウター「黒のPコート」。一着は持っている人も多いハズ。

キレイにまとめ過ぎると高校生風になっちゃうから、少しカジュアルなキレカジスタイルに着こなすのがポイント

もともと軍服のPコートだから、カーキのボトムやゴツイワークブーツとの相性もバッチリ。テイストを揃えると、無難にまとめられるよ。

Pコートのインナーにワインレッドのニットを合わせた、大人っぽい差し色使いがおしゃれ度をグッとアップさせてくれる。

モテ×モテ?ショートダッフルスタイル

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88x%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88x%e9%95%b7%e8%a2%96tx%e3%82%ab%e3%83%bc

出典元:メンズファッションプラス | ダッフルコート×ケーブルニット×長袖T×カーゴパンツ

どっしりとした男らしさと、フードの可愛らしさとのミックス感が、女子人気も高いダッフルコート。

ひざ丈やロング丈よりも、ショート丈タイプの方が、どんなボトムとも合わせやすいから、初心者メンズにもおススメ。

インナーに合わせるのは、優しい雰囲気が人気のケーブルニット。冬の白ニットは、ほんわか温かみを感じさせるモテ効果UPアイテムだよ。

サークルの飲み会や合コン、イベントの多い学生メンズにおススメの全身コーデ完成。

1枚で簡単におしゃれなレイヤードPコート

%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99p%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88x%e9%95%b7%e8%a2%96%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%bd%e3%83%bcx

出典元:メンズファッションプラス | フードレイヤードPコート×長袖カットソー×チノパンツ

落ち着いたカラーが人気のグレーPコートと、取り外し可能な黒のフードが一体化されたレイヤードアウター。

カットソー素材の軽さが、通学やバイトなど、何でもない日常に使いやすい。着回しやすく、ボトム選びに困らないショート丈のアウターは、脚長効果に期待できるところも嬉しいポイント。

インナーには、主張しすぎていないジャカード柄のカットソー。柄物で、派手な色は、初心者メンズには難しいから気を付けよう。

ボトムに合わせたベーシックチノは、細すぎず太過ぎずでいつでも使えるよ。

上質アウターで魅せる大人の余裕と色気

audience-%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99-%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac

出典元:スプートニクス | Audience プレミアムウールメルトンショールカラージャケット

⇒ケーブル編みVネック クルーネック ケーブルニットセーター
⇒テーパードストレップチノパン

少ーし丈が長めのジャケット感覚で着られるアウター。シャツを合わせても良し、ニットを合わせても良し。ビジカジスタイルにも使えるから、社会人メンズに嬉しい一着だよ。

クルミボタンや襟元のベルト使いなど、こだわりの洗練されたデザインがカッコ良い。

オフの日のコーデなら、ケーブルニットを合わせると旬の大人カジュアルスタイルになる。ボトムはスッキリ細身タイプを選ぼう。

ネイビーとベージュの組み合わせは、上品で清潔感もあってキレイ系女子にもウケが良いことを覚えておこう。

冬のデートにおススメなマリンスタイル

p%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88x%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88xu%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%aftx%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%99

出典元:メンズファッションプラス | Pコート×クルーネックニット×UネックT×カーゴパンツ

「ミリタリー」と並んで、二大人気スタイルとも言える「マリン」。

夏のイメージだけど、敢えて冬にマリンスタイルを取り入れるのが、おしゃれポイント。ちょっと周りの友達に差をつけたいメンズにおススメだよ。

コートはシンプルなPコート。海軍発祥のアウターだから、実はPコートは立派なマリンアイテムなんだ。そして、白とネイビーのボーダーニットを合わせて、王道マリンカラーでトップスをまとめよう。

肌触りの良いもこもこニットは、彼女と接近したいデートにぴったり。ボトムは、黒よりもカーキやブラウン系を合わせると、柔らかテイストでまとめられる。

Yラインで攻略する上品なチェスターコートの着こなし

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99

出典元:Dコレクション | チェスターコート

→Vネックニットセーター

→ブラックスキニー

シンプルで大人っぽくて、上品なチェスターコートはこの冬の注目アウター。ここまでにも書いたように、膝丈やロング丈のコートは、ショート丈と比べてバランスが難しい。

でも、「Yラインシルエットを作る」っていうポイントさえ抑えれば、誰でもオシャレに着こなせちゃうから覚えておこう。

チェスターコートの様に、トップスにボリュームのある時、ボトムはスキニー(もしくは細め)を選ぶのが鉄則。シューズもゴツ目はNGだよ。

バッグやハットなどトレンド小物をプラスすれば、旬のオシャレなコーデの出来上がり。

まとめ

コートがメインのコーデにも色々なタイプがあって、それぞれ相性の良いインナーやボトム、シルエットがあること、分かったかな?

「コートで隠しちゃおう」じゃなくて、ポイントを抑えて上手に着こなすことで、寒い冬のオシャレも楽しんでねー!

更に冬のおしゃれやイベントはここからチェック。

スポンサーリンク