2013年冬物メンズアウターを買う時のポイント!


秋真っ盛りですが、夕方から夜は結構寒くなってきましたね。そろそろ冬物アウターも考える時期になりました。

そこで、冬物上着を揃えるポイントを
けいけいがまとめちゃいました!

スポンサーリンク


冬物を買うならココをチェック!

冬物を買う時のメンズがチェックすべき
ポイントは以下の4つ

  • 防寒がしっかりしているか?
  • 値段がある程度安いか?
  • 色合いは落ち着いているか?
  • インナーを選ばずに着回せるか?

1つずつ詳しく説明していきますね。

 

防寒がしっかりしているか?

冬服なので、きちんと寒さを防げる
服じゃないとなんの意味もありません。

お洒落するのも大事ですけど、
寒さで震えながらカッコつけるくらいなら
きちんと防寒された格好の方がいいですよ。

 

値段がある程度安いか?

冬服はコートやジャケットなどになるので
どうしても夏服より一着の値段が高くなります。

ただ、高ければいいというものでもなく
ある程度予算を決めて選びましょう。

僕も昔適当にコート買いに行って、
5万くらいのやつ買ったんですけど
そんなに暖かくないしすぐにお蔵入りでしたorz

 

色合いは落ち着いているか?

最近はダッフルコートなどで明るいカラーを
選んで着ている人も多いです。

が、最初は無難に落ち着いた色を選びましょう。

具体的には黒、グレー、チャコールあたり。

これらの色はどんなパンツに
組み合わせてもだいたい着こなせます。

派手な色ほど組み合わせが
難しくなるので最初はあまりオススメしません。

慣れてから好きな色を選びましょう。

 

インナーはを選ばずに着こなせるか?

冬服はアウターがメインに見えるんですが、
実はそうでもないんです。

確かに外に出ている時は
上着をしっかり着ているでしょう。

けれど、ご飯を食べにお店に入ったら??

おそらく上着を脱いで、ハンガーにかけますよね。
その時、明らかにジャンルの違うインナーだと
すごくダサく見えてしまいます。

また、ボタンやジッパーを開けて
インナーを見せる着こなしもあるので
そういう場合でもアウターが変に見えないか
チェックしておきましょう。

キレイ目なインナーならジャケット。

ラフ目ならPコートやダッフルコート。

このような基準で選んでください。

 

ということで、冬物メンズアウター選びのポイントでした。

適当に選ばず、これらの要点をチェックして
あなたにぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

スポンサーリンク