フォーマルな場面に最適!スラックスの着こなし方


スラックスは日常のビジネスシーンや
式典などフォーマルな場面で使うことが多いので
きちんと着こなす必要があります。

 
そのためには、選ぶ時に注意をするべきポイントがあります。
紳士でカジュアルなスラックスの着こなしを覚えちゃいましょう!

スポンサーリンク


スラックスの着こなし

ウエストはある程度余裕を持たせてもOK

腰骨にピッタリ沿っているものが理想的なウエストサイズ。

立ったり座ったりする動作が多い方は、
軽く手が入るくらい(おおよそ4cm)の余裕を作るのがオススメ。

 

裾丈はスーツに合わせる靴を履いてチェック

一般的にスラックスの前裾は
甲の上にワンクッションかかる程度、後ろ裾は1~2cmがベスト。

(引用元 スーツの教科書

大腿骨のあたりにパンツがくるようにベルトを閉めた時のシワをチェック

ベルトを締めた時に不自然なシワが出来ていると
せっかくのフォーマルさが台無しです。

シワが出来ているかは必ずチェックしましょう。

 

太ももを見てピチピチになっていないかどうか

これ、かなりやりがちな失敗。

太もも部分がピチピチだと
足が太そうな印象を受けるしかなりダサイです。

多少の余裕が出来るサイズを選びましょう。

(引用元 スーツスタイルにおけるパンツ・スラックスの選び方

 

上記のことは最低限気をつけるべきポイントです。

 
スーツは自分の体型にピッタリと合ったものを選ばないと
ものすごくだらしなくなるんですよねえ。

 
大きすぎて裾がダボついてもだらしないし、
小さすぎて太ももがピチピチになってもおかしい。

慣れないうちは自分で見つけるのは苦労すると思うので、
店員さんや他者の目から見てもらうといいですよ。

スポンサーリンク