スキニーパンツ(skinny pants)~用語集~

スキニーパンツとは、細めの足にぴったりとフィットするパンツのことを言います。
特に膝から下の部分から足首にかけての部分がぴったりとしているパンツです。

スポンサーリンク

スキニーパンツ 黒

出典元:Dコレクション

スキニーとは「皮膚のような」という意味で、
脚にピッタリとフィットするパンツのことを指します。
(引用元:アパレルファッション用語・素材辞典

スリムパンツも細めのパンツではありますが、
それよりも更に細く作られています。

ストレッチが効いて伸縮性があるものが多いです。

 

スキニーパンツは、パンクロック系のミュージシャンが
好んで履いているのをよく見かけます。

イギリスのシド・ヴィシャスや日本なら
THE BLUE HEARTSがよく履いていますね。

脚の形が強調されるため、履くとすらっとした感じになり、
美脚効果や脚長効果につながります。
しかし、あまりにもガタイが良いガッチリとした人や
脚が太めで悩んでいる人が着るとかえってダサくなります。

かと言ってあまりにも細すぎる人が履くと
貧弱さが目立ってしまうので少し上級者向けのアイテムですね。

特に女性は太ももの太さがはっきりわかってしまうので
脚に自信のない人は避けることもあります。

男性は、女性に比べると脚も細く長いので
履きこなしやすい体型をしています。

是非とも男性に履いてもらいたいアイテムの一つですね。
(友人の女性から聞いた話)

 

デニムのようなものから、カラーパンツやチェック等の柄ものがあります。

最初は、黒のスキニーパンツから挑戦してみると良いでしょう。

黒は合わせやすいアイテムですし、ボトムに黒をもってくることで引き締め効果もあります。

スポンサーリンク