ボタンダウンシャツ(Button Down Shirt)〜用語集〜


ボタンダウンシャツ(Button Down Shirt)とは
襟の先端を小さなボタンで留めることが
できるようにしているシャツのこと。

元々は、イギリスのポロ競技用のシャツだったものです。
※ポロ競技→馬に乗ってやる競技

スポンサーリンク


この襟の先端に小さなボタンが
ついている理由なんですが・・・
馬に乗って走ると襟が風にあおられて
めくれてしまいますよね。

  • すると、顔や首に当たり邪魔なので留めておいた
  • ネクタイがずれるのを防ぐためにつけられたもの

いわれています。

これが後にアメリカに伝わり
アイビールックの代表的なアイテムとして流行しました。

 

ちなみに、アイビールックとっていうのはですね。

「アイビールックとは、アメリカ東部のアイビーリーグ校の学生たちが好んだ服装から派生したファッションのこと。

アイビーリーグは1954年、米国のハーバード大学・イェール大学・プリンストン大学・コロンビア大学・ペンシルバニア大学・ブラウン大学・ダートマス大学・コーネル大学の8校によりフットボール連盟。
各校にはレンガ造りの校舎に生い茂るつた(アイビー)がシンボルとなっていたことから、
アイビーリーグと名づけられました。
その学生たちが好んで着ていたファッションが、アイビー・ルックの始まり。

ファッションの特徴はナチュラルショルダーで胸にダーツのない動きやすいスタイル。
代表的なアイテムは、三つボタンブレザー、ボタンダウン・シャツ、チノ・パンツ、コイン・ローファーなど。 」

引用元 大きいサイズの通販ショップリスト

こんな感じ。学校から名前が来てるんですな。

日本でアイビールックが広まったのは60年代に
ファッションデザイナーの石津謙介氏が
紹介して流行したといわれています。

 

このシャツの特徴は襟のボタン。

襟の裾をボタンで留めることで襟が立ち上がるので
顔立ちや首元が立体的にはっきりとした印象になります。

カジュアルにしてても崩しすぎず、
程よくきっちりしてるので
デニムやカーゴパンツとの相性はバッチリ。

デートの夜はちょっとおしゃれなお店でご飯って時にも
そのまま行っても浮くことがないので
上品なカジュアルファッションに最適です。

スポンサーリンク