クレリックシャツ(cleric shirt)〜用語集〜


クレリックシャツとは身頃が柄または、
色のついた無地で
衿襟を白無地にしたシャツのこと。

※身頃→服の袖や襟を除いた、
身体の後ろと前の部分を覆う部分のこと。

スポンサーリンク


チェッククレリック長袖ボタンダウンシャツ

クレリックシャツってなんだか格式高い響きがしませんか?

それには理由があるんです。

クレリックという言葉には、僧侶や牧師・神父という意味があり、
イギリスの修道士や聖職者が着ていた白い立ち襟の服に
似ていることから呼ばれるようになったんです。

衿や襟を白にした理由は、元々は労働着として着用されて
汚れたり、擦り切れたりした襟や袖を取り替えられるように
と考えて作られたものです。

単なるデザインじゃないんですなー。
φ(`д´)メモメモ…

 

今では白以外にも画像のような
チェックデザインでグレー袖も人気ですね。 

流行し始めたのは1920年代に
ロンドン紳士達の間で大流行したことや
英チャールズ皇太子が結婚式で着たことから
フォーマルなシャツとして認められていきました。

余談で、海外ではクレリックシャツのことを

  • 「カラーセパレーテッドシャツ」
  • 「カラーディファレントシャツ」
  • 「ホワイトカラーシャツ」

とも呼びます。

襟の部分が白色なので、顔の印象を明るく見せられます。
上品な印象を与えるのでジャケットとの相性は抜群なのだ。

「襟付きのシャツは柄や
色ものはカジュアルになりすぎそう・・・」

なんて思ってる人!

避けるのはちょっと待った。

そんな時こそこのクレリックシャツの出番です!!

クレリックシャツの襟の白地が
落ち着いた印象を与えてくれるので
上品なカジュアルスタイルには持ってこいの1枚ですよん♪

スポンサーリンク