リネンシャツ(linen shirt)〜用語集〜


リネンシャツとは、亜麻という
草の繊維から作られる麻から作られたシャツのこと。

スポンサーリンク


亜麻(flax)
茎からは繊維を種子からは油を採る作物。
その繊維で肌ざわりがよく薄手の織物リネンを織る。
アマ科の一年草で、カフカス地方から中東にかけての一帯の原産地とされる。
古代エジプトでも栽培、利用された。
日本には中国から渡来したが、
当時は薬用とする亜麻仁油を採るのが目的であった。

繊維を採る目的で北海道に導入されたのは明治初期のことである。
葉は細く,長さ2~3cmで、互生する。高さ60~120cmで細い。
(引用元 アマ(亜麻)-コトバンク- )

なんか難しいこと書いてますが・・・

リネン=麻

という認識でOK。

麻というと涼しくて
夏にぴったりだと思う人が多いですよね。

確かにそうなんですが、
調べてみるといろいろ特徴がありました。

 

リネンシャツの特徴

吸水、発散性に優れている

水分や汗をすばやく吸い取り
発散させる特徴があります。

汗をかきやすい夏場に向いている理由ですね。

 

丈夫な素材

汚れが落ちやすく、何回洗濯しても
いたむことなく丈夫です。

むしろ、洗えば洗うほどやわらかさが増し、
白い生地の場合はより一層白さが増します。

そのため、ホテルのベット周りに使われることもあります。

 

肌に優しい素材

さらっとした着心地で肌に優しいです。

これはリネンに含まれているペクチンというものが
ちくっとした感じを与えないようにしているため。

たしかに、麻素材のものは
肌触りがよくて気持ち良いですよね。

また、汗をすばやく吸い取ってくれるし、
臭いも抑えてくれるので
夏場に汗を大量にかいても身体は
比較的涼しく、爽やかさが持続するんですね。

 

リネンが持つ、あのさらさらとした
心地よさは癖になりますね!

僕も大好きです(・∀・)

 

さて、こういう特徴から

「リネンは夏場しか駄目なんじゃないの?」

と思われる人もいるかと思います。

実は、そんなことはありません!!

リネンの繊維の中には空気が多く含まれているので
これが冬でも暖かく包み込んでくれる役目を果たしてくれます。

「夏は涼しく、冬は暖かく」

リネンは1年中使うことができる優れものなんですよ!
スポーツでいうとオールラウンダータイプな人ですね。

そんなリネン素材を使った
リネンシャツの着こなしのポイントは

「肩の力を程よくぬいたおしゃれ」

です。

春先になったらジャケットに下に、
夏場はコーデの主役にさらっと1枚で。

何度か着たしわ感があったほうがより味が出るので
汗とか気にせずガンガン着回して
おしゃれにオールシーズン過ごしましょう!!

スポンサーリンク