オックスフォードシャツ(Oxford shirt)〜用語集〜


オックスフォードシャツとは、
オックスフォードと呼ばれる生地で織られたシャツのこと。

スポンサーリンク


オックスフォードとは、
縦糸・横糸をともに2本ずつに
引き揃えて交互に編みこんだ平織りのこと。

この編み方を
「オックスフォードクロス」
と呼ぶこともあります。

なんか必殺技みたいでかっこいいですな。

平織り「平織り(ひらおり)とは
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を
交互に浮き沈みさせて織る、
最も単純な織物組織である。

できあがった模様は左右対称になる。」
(Wikipedia 平織り

襟の先端にボタンがついた
ボタンダウンシャツにもよく使われています。

オックスフォードと聞くと
有名なオックスフォード大学
思い浮かべる人が多いですよね。

それもそのはずで、
この大学の名前からとって
売り出したことが由来なんですよ。

 

オックスフォードシャツの特徴

  • 生地がやわらかく、通気性がよい
  • 光沢感がありしなやかな手触りで気持ちがいい
  • しわになりにくく、丈夫である

これらの特徴から、シャツ以外に
スポーツウェアにも使われることが多いですね。

オックスフォードプリント入りシャツ(ホワイト)

洗濯した後に、アイロンをかけなくても
生地がしわまみれなることがなく
逆に洗いざらしのままでもおしゃれに着ることができます。

お手入れも楽チンでおしゃれに
着こなせるなんて一石二鳥なシャツですね!!

 

ふっくらかつさっぱりとした肌触りがポイント。

よくパジャマやベットカバー、
夏向きのシャツやドレスに使われることもあります。

カジュアルな印象が強いので、
フォーマルな場には向きません。

一枚で着ても良し、中にタンクトップを着て
上にさらっと羽織るのも良し。

1枚持っていると着こなしが利き便利ですし、
初心者さんにはまず最初に持ってほしいアイテムですね。

 

スポンサーリンク