スタンドカラーシャツ(stand-up collor shirt)〜ファッション用語集〜


スタンドカラーシャツとは
襟に外側へ折り返しがなく
首に沿って立っている襟になっているシャツ。

この襟のことを立ち襟と呼ぶ場合もあります。

スポンサーリンク


ちなみに・・・

ここでいう、カラー(collor)とは洋服の襟のこと。

決して色(color)のことではありませんので(笑)

stand=立っているの意味なので、
立ち襟ということなんですな。

「ちょっとどういうものかわかりにくいな・・・」

という人は中国のチャイナ服を
イメージしてみてください。

これも三角形で外側に折り返した襟ではないものではなく
襟が首に沿って立っている形になっていますよね?

メンズに一番わかりやすいのは、
学ランの詰襟ですね。

3c51042c960f0116d42b1e953b1b3b7d_s

詰襟は首元が詰まって見えることから呼ばれた名称で、
スタンドカラーの一種なんです。

けいけいは学ランのカラーが嫌いでした・・・。
だってちくちくするんだもんorz

 

スタンドカラーシャツの歴史

シャツの原型はスタンドカラーから
始まったと言われています。

その歴史は古く、1300年代のフランスの貴族が
補強と寒さをしのぐために作られたものが始まりでした。

日本にもスタンドカラーシャツは昔からありましたが、
戦前までは仕事を終えた後にくつろぐ時の格好という程度でした。

ファッションとして流行したのは
1980年代に入ってから。

三宅一生というファッションデザイナーが
紹介して人気に火がつきました。

しかし、今は見かける機会が少し減ったかな。

このシャツの人気は若者より
中年以降の男性に偏っているんですよね。

中年以降の男性には、昭和の香りがした
ノスタルジックな雰囲気が魅力的に映るようです。

着て昔を懐かしんでいるお父さんや
おじいさんがいるかもしれませんね(笑)

 

スタンドカラーシャツの魅力

  • 首元をすっきりと見せ、洗練された知的な印象を与える
  • ノーネクタイで着ることができる
  • フォーマルな装いからカジュアルまで幅広いシーンで着ることができる

シャツの中では珍しく
ノーネクタイでの着用もOKなので
首元がすっきりとした印象を与えます。

ノーネクタイでもどことなく品があり、
知的な印象を与えるので
大人の魅力を出すことができますよ。

これはぜひ、若い人にも着てみてほしいアイテム。

周りの友人とも雰囲気を変えることができますよ♪

「あれ?あいつ今日はいつもと雰囲気がちがって
なんかかっこよくね?」

なんて一目置かれるかも!?

スポンサーリンク