スニーカー(sneaker)~メンズファッション用語集~


スニーカーとは運動靴の総称のこと。

誰しも一回は履いたことがあるでしょう。

学生時代に白色で紐が通っていて
靴底はゴムでできている靴。

体育で履くあの白い運動靴も
スニーカーと呼ばれます。

スポンサーリンク


スニーカー

画像の用に下がゴムなんですよね。

よく耳にするのが

「スニーカーと運動靴の違いって何?」

「スニーカーはオシャレ用の靴で
運動靴は運動する用の靴でしょ?」

といったことを聞きます。

実際は、双方に違いはなく
運動靴の総称がスニーカーと呼ばれているそうです。

スニーカーの特徴

スニーカーの特徴は以下の通り。

  • 靴底はゴム製。
  • 靴の側面や表面は布製。
  • 足の形にフィットするような形で作られた。
  • 足をしっかり固定するために紐があって結ぶようにできている

というような特徴で作られています。

 

スニーカーの歴史

スニーカーという言葉ですが
「忍び寄る、忍び歩く」という意味の
Sneakという言葉からきています。

メタルギアのス○ークさんですね。

一番最初の登場は1800年代でした。

といっても今のような形ではありませんでした。

キャンパス生地と呼ばれる布で作られた運動靴はありましたが
現在の形になるには100年後ことでした。

 キャンパス生地とは?

帆布(キャンバス生地)素材とは、亜麻糸、綿糸、絹糸あるいは、
それらの混織で、丈夫な厚手の粗布のこと。

もともとは舟の帆として使われていました。

その後、トラックのシートや店先のテント、
工具袋や学生用カバンなどに多く使われてきました。

縦横1本ずつ織った平織で、素材は亜麻糸、綿糸、絹糸あるいは、
それらの混織で特長を引き出しあっているのが特徴です。
ファッションの生地としてはもちろん、手芸用、テント地、絵画用の画布、
ほかには丈夫さを優先する郵便袋の素材の定番にもなっています
(引用元:テキスタイル&ファブリック工房)

1916年にアメリカのKeds社がゴムでできた底の靴の
販売を開始しその時に「より静かな靴」
という目的で作られたのがきっかけです。

人気が出たのは1970年代に入ってから。

アメリカのNBA選手が履いて試合に
出場したことから人気が出てました。

試合を見た若者がこぞって買占め、
バスケットをするように。

その後、試合だけでなくファッションとしても
取り入れるようになり人気が出ました。

履きやすいし、値段もお手頃なのがスニーカーのウリ。

おしゃれにも組み合わせやすく初心者でも安心して
履きこなせる靴の一つですね。

1足は必ず持っておきたいアイテムです。

 

スポンサーリンク