ライダースジャケット(rider’s jacket)〜メンズファッション用語集〜


レザーまたは革で作られた丈の短い上着のこと。
ライダースジャケットとよく言われますね。

スポンサーリンク


元々はその名前の通り
カーレースやオートバイクのレーサーが
着る丈夫なジャケットのこと。

バイクのレースは常に
雨や風といった天候との戦い。

天候に負けず安全・快適に走ることが
できるように丈夫に作られたジャケットが始まりでした。

素材は牛革で、色は黒というのがスタンダードな形です。

次第に、ファッションにも取り入れられるようになり
最近では防寒とおしゃれを兼ねたボア付きや
素材もウールやデニムなどのバリエーションがあります。

また、イギリスのパンク・ロック系の音楽をやっている人が
ファッションとして取り入れ人気が出たことから
パンクロック系ファッションの象徴として認識されていますね。

 

ライダースの形

ライダースジャケットの形には大きく分けて2つあります。

  • SHINGLE(シングル)
  • DOUBLE(ダブル)

の2つです。

 

それぞれの違いは襟の形。

SHINGLE(シングル)

PUシングルライダースジャケット

→画像のライダースジャケットはこちら

シングルは襟の折り返しがなく、シンプルな形。
男らしくカチッとさせたい場合はシングルがおすすめ。

 

DOUBLE(ダブル)

ライダースジャケット×Tシャツ

→画像のライダースジャケットはこちら

ダブルは襟が折り返しがあり
左右の三角形の襟が広がったような形。

けいけい的にはダブルのほうが
カジュアルで使いやすいイメージですね。

前述したように、近年のライダースジャケットは
使われる素材やデザインも多様化しており
おしゃれに着やすくなっています。

かっちり男らしく着るのもよし、
少しカジュアルに着るのもよし。

色々な着方ができるのであなたもチャレンジしてみては?

 

スポンサーリンク
2014/04/24 ライダースジャケット(rider’s jacket)〜メンズファッション用語集〜 はコメントを受け付けていません。 用語集