キレイ目カジュアル〜メンズファッション用語集〜


「キレイ目」とは、キレイに見える。

「カジュアル」は英語で【casual】
正式なという意味の「フォーマル」formalの対語として使われます。

意味は、堅苦しくない(格式ばらない)気軽な。

抽象的な言葉ですが「キレイ目カジュアル」は、
きちんとした雰囲気と清潔感の感じられるカジュアルな着こなしのこと。

スポンサーリンク


そのファッションスタイルは上品でありながらも、
フォーマルスタイルの様に格式に縛られない雰囲気。

 

例えば、白いVネックのTシャツ、
ブルージーンズにジャケットを羽織る。

靴は布靴のスニーカーではなく、
ローファー等の革靴で着こなす装いはキレイ目カジュアル。

80年代後半~90年代に流行した渋カジ
(渋谷を中心に若者の間で流行ったカジュアル)は、
紺色の金ボタン付きブレザー(略して紺ブレ)に白シャツやポロシャツ、
ボトムはブルーのストレートジーンズ、足元は革靴のローファーというスタイル。

 

正に今のキレイ目カジュアルの前身とも言われています。

ここ最近ではキレイ目カジュアルが
一番無難でおしゃれな着こなし。

 

スポンサーリンク