カラーベルト〜メンズファッション用語集〜


「ベルト」は、英語で【Belt】。
布や革で作られた腰を締めるための帯。

通常の形状は平たく細長い。

一般的に専用のバックル(固定具)が付いていて、
腰の大きさや好みで締める強さを調整することができます。

スポンサーリンク


ファッションにおいてのベルトは
元々ジーンズやズボンがずり落ちないように、
腰を締めるためのものという機能的な役割でした。

 

しかし、ファッションスタイルを作るときに

  • 全身の真ん中にくる
  • また全体の中での分量が少量

ということから、ファッションの
アクセントとしての役割も持つように。

カラーレザーベルト(ブラック)

最近では黒、茶のベーシックカラー。

 

カラーベルト レッド

その他にカーキーグリーン、ブルー、イエロー、レッド等と
色も豊富な「カラーベルト」の種類が増えました。

また柄物などもあり、色やデザイン共に豊富になっています。

 

色合わせに少しテクニックが必要ですが、

  1. グレイッシュブルーのTシャツ
  2. ライトグレーのコットンパンツ
  3. 腰に細めレッドのベルトをアクセントとして締める
  4. 最後にオフホワイトのジャケットを羽織る。

そんな爽やかな着こなしに
挑戦してみるのも面白いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク