ロールアップ(roll up)〜メンズファッション用語集〜


「ロールアップ」【英語:roll up】は、
巻き上げる、くるくると巻く等の意味があります。

ファッション用語では、シャツの袖や
ボトムス(パンツ)の裾を折って巻き上げた状態のこと。

スポンサーリンク


例えばパンツの裾をくるぶしが
見える長さまで巻き上げ肌を見せる!

ロールアップ

パンツの裾と靴との間から素肌が見えることで、
スッキリした印象になります。

カッコ良く着こなすポイントは、3つ。

  • 位置
  • 素足
「ロールアップ」の幅

太すぎると野暮ったい印象になるので要注意です。

だいたい3〜3.5㎝位がベスト!

 

「ロールアップ」の位置

巻き上げる位置が上すぎると残念なことに…

くるぶし丈が最適です。

 

「ロールアップ」の着こなしは素足で!

間違っても靴下は履かないようにしてくださいね。
くるぶしソックスならOK。

そして「ロールアップ」した後は、
全身が映る鏡でバランスをチェック!

颯爽とした気分で出かけましょう♪

 

スポンサーリンク