ラグラン袖(Raglan sleeve)〜メンズファッション用語集〜


「ラグラン袖」は、英語で【Raglan sleeve】袖の形の名称のこと。

名前の由来は、19世紀にイギリスの
ラグラン将軍が考えたことから

「ラグランスリーブ」=「ラグラン袖」

と呼ばれるようになったと言われています。

スポンサーリンク


デザインとしては、袖の付け根部分が襟ぐりから
袖下まで斜めに切り替えが入っているのが特徴。

ラグラン

腕を動かしやすいのでスポーツウエアや
カジュアルウエアのTシャツ等に多く用いられています。

「ラグラン袖」は肩と袖が斜めに一続きとなっているため、
肩幅をあまり気にせずに着ることができるのも利点。

また色もおしゃれな2色使いが一般的です。

例えば、袖が紺色、身ごろが白色と違う色で
バランスよく配色されているため、オシャレ。

最近では、色数も豊富な半袖や七分袖の
「ラグラン袖」Tシャツも沢山出ています。

一着はもっておくと便利ですよん。

スポンサーリンク