ニットやセーターのローゲージとハイゲージの違いって何か知ってる?


秋冬インナーの定番ニット。

でもニットにもハイゲージニットと
ローゲージニットの2つがあるって知ってた?

この2つの違いわかるかな?

スポンサーリンク


ハイゲージ?ローゲージ?違いは糸の太さと編み方!

ハイゲージニットとローゲージニットは
簡単に言ってしまうと糸の太さが違うのだ。

ハイゲージニット

ハイゲージニット

太めの糸でざっくり編みこんでるのがローゲージニット。
網目が少ない(ロー)って意味ね。

手編みのセーターとかもローゲージニットだね。

柔らかい印象と網目が目立つから 単体でも
デザインが目立つタイプのニット。

 

ローゲージニット

長袖Tシャツ+ボーダーシャギーニットアンサンブル(2点セット)(ブラック)

細い糸でしっかり編みこまれてるのが
ローゲージニットの特徴。

ニットって言うとこっちの方を
思い浮かべる人も多いんじゃないかな。

網目が多い(ハイ)+縦横10cm四方の中(ゲージ)
でハイゲージニットなのだ。

キレイ目カジュアルで着やすいし、
網目が細いので無難に着こなせる。

重ね着の時にも重宝するね。

スポンサードリンク


おしゃれ初心者はとりあえずローゲージニットから!

「ローゲージとハイゲージの違いが
糸の太さなのはわかったけど、
結局どっちの方がおしゃれなの?

ってことになるよね。

ぶっちゃけこれは好み。

どっちも着こなしによって
おしゃれに見せることは全然可能。

ただ、おしゃれ初心者男子には
まずハイゲージニットから始めるのがおすすめ。

ハイゲージニットは上でも話したように
重ね着にも使いやすく、シンプル。

ローゲージニットは童顔男子が
着ると更に子供っぽく見えてしまうから
慣れるまではチャレンジしない方が無難。

無地で白、グレー、黒辺りの
ハイゲージニットから着こなせるようにしてみよう。

けいけいがハイゲージニットの中でも
使いやすくて初心者向けだと思ったのはこの5つ↓

 

スポンサーリンク