服の値段が高い=使える年数も長いってこと。値段と服の価値について


服はブランドとか作られた国とかで
値段がめちゃくちゃ幅があるよね。

「でも、結局高い服ってなんでそんなに高いの?」

って思ったことない?

今日はそれについて答えていくよ。

スポンサーリンク


値段が高い=長く使える服ってこと!

インナーでもアウターでもパンツでも
値段が高いやつってほんと高い。

ユニクロとかだと1000円とかで
カットソーとかあるのに、ちょっと
ブランドのお店を覗くと同じようなものが
5,000くらいで売ってたりする。

ぶっちゃけ服に興味ない男子からすれば

「なにこれたっけえwwwユニクロでいいじゃんww」

って思う人がほとんどじゃないかな。

けいけいも同じことを思ってたもん。

けれど値段の高い服にはそれなりの理由がある。

ざっくり言っちゃうと

値段が高い=長く着れる

ってこと。

いい生地を使っていたり、
縫い目がしっかりしてるから
ヨレヨレになりにくく、何年も使える。

だから高い服があるんだよね。

それに安いやつ、例えばさっきの
1,000円のカットソーだったら
間違いなくワンシーズン(1季節)しか着れない。

洗濯して何度も着てたらシワシワになるからねえ・・・。
そしたらまた買い直すわけだ。

これが5,000円のカットソーだったら
3倍は長く使えると思っていい。

だから気に入ったデザインや
ブランドがあるなら多少高くても
そこの服を買った方が結果的に安く済むこともあるんだよー。

コートとかのアウターやパンツは
特にこの差がはっきりしている。

だから1着いいアウターを持ってたりすると
長く着続けられるのだ。

もちろん手入れはちゃんとしてね!

逆に手入れが面倒だったり、
「ダメになったらまた買えばいいかな〜」って
タイプの男子は安いものを買う方がおすすめ。

スポンサードリンク


たまに高いだけの服もあるから注意!

高い服の中でもすぐダメになる服もあるっちゃあある。

ブランドが有名な分、高いってやつね。

そういうのは余程自分が好きな服以外
買わないことをおすすめするよん。

好きなブランドあるけどそこ以外は
無理して高い服を買うことはまずないしね。

 

おしゃれ初心者は安い服から集める方が安全!

まとめちゃうと、おしゃれ初心者男子は
とりあえず自分の手に届く範囲の服から
揃えていくことをおすすめするよ。

せっかく高い服買ったのに似合わなかったとか
すぐダメになっちゃったらがっくりするでしょ?

失敗した時のことも考えて、
手頃なお値段のものの方がいいよー。

参考までに値段の例を書いておくと

  • インナー 1,000円〜5,000円くらい
  • アウター 10,000円〜20,000円くらい
  • パンツ 3,000円〜8,000円くらい

これくらいが目安だと思ってもらえればOK。

この値段帯なら高くはないし、
失敗しても凹む割合も減るからね。

「で、この値段帯の服ってどういうとこに売ってるの?」

って悩んじゃう男子はこのお店辺りからチェックしてみるべし。

 

スポンサーリンク