シャツについて知ろう〜洋服別説明講座〜


シャツは一番基本となる服ですね。

でも、シャツにもいろいろあるんですよ。
まずはシャツについてきちんと
理解していきましょう。

スポンサーリンク


いつでも着れる。それがシャツ

シャツは春夏秋冬いつでも
必要で、一番基本。

種類も豊富で呼び方も
タイプによって変わります。

Tシャツ

あなたも1枚は確実に持っているであろうシャツ。

夏場などは上はTシャツ1枚で
過ごしたりもできるのが強み。

ジャケットにも、コートにも
カーディガンにも合わせられる
けいけいも一番使うシャツ。

長袖の場合はロンTって言ったりもしますね。

 

首元が丸いものやV型など
同じTシャツでも違いがあります。
フライス7分Tシャツ(ホワイト)

丸いものは柔らかいイメージ。

ヨコ杢フライスVネックTシャツ(グレー)
Vネックはかっこいいイメージ。

どっちも持っておくと
雰囲気に合わせて選べるのでいいですよ。

また、シャツの中では一番ラフ
ファッションになりますね。

1枚だけで過ごすなら、少し大きめの
サイズでもそれなりに見えます。

何か上着を羽織る場合は
ぴったりサイズがおすすめ。

 

Yシャツ、ドレスシャツ

オックスフォードボタンダウンシャツ(ホワイト)

サラリーマンとかがスーツの中に
着ているのが一番イメージしやすいですかね。

Tシャツよりもきちっとした
イメージを出しやすく上品になります。

白のYシャツが一番多いと
思うかもしれませんが、
薄いピンクやチェック柄など様々。

 

おしゃれなお店に行く時でも
これさえあればビシっと決まります。

夏場は前のボタンを開けて、
中にタンクトップやTシャツを着るのもアリ。

春や秋シーズンの上着としても
優秀なシャツです。

 

ポロシャツ

カノコフェイク衿ドットポロシャツ(ホワイト)
TシャツとYシャツの
間くらいに位置する存在、それがポロシャツ。

素材はTシャツに近めですけど
しっかり襟があるのが特徴。

ラフ過ぎず、固くなりすぎず。

これがポロシャツの強み。

サイズはぴったりのほうがおすすめ。
ダラっと着るものではないですね(;・∀・)

とりあえずシャツはこの3種類を
覚えておけば問題ないです。

他の変形とかは最初は着ないほうが無難。

スポンサーリンク