初心者必見!メンズアウター別サイズの選び方のポイント


「アウターのサイズは少し大きめでもいいかな・・・どうせ上着だし。」なーんて思ってない?

アウターのサイズ感でファッション全体のかっこ良さは大きく変わるよ。

そこでおしゃれ初心者でもわかるように、アウター別にサイズの選び方をポイントでまとめたのでチェックしてみてね!

スポンサーリンク


アウター種類別サイズ選びのポイント

アウターにもコートやジャケット、カーディガンにパーカー。

着る物によってサイズ選びが変わってくる。アイテム別にどういったところに注目して自分にピッタリのサイズを選べばいいのか知っておくのは超重要。

ジャケット

フライス長袖テーラードジャケット(グレー)

出典元:メンズファッションプラス

ジャケットは春や秋に活躍する上着の定番アイテムの一つ。

カジュアルにもフォーマルにも着こなすことが出来るし、シンプルなデザインのものなら着る人を選ばないからね。

ジャケットのポイントはシルエット。

カジュアルに着こなしたいのであればぴったり~少しゆとりのあるサイズ。

ビシっとかっこよく決めたいならピッタリサイズがオススメ。

また、丈の長さを要チェック。あまりにも長いとだらしないから、どんなファッションでも腰にかかるか、かからないくらいを目安にすること。

最後に袖。ジャケットはキレイ目に着こなすことがほとんどなので、袖から手が完全に出ることを確認すべし。

パーカー

pa-ka1

出典元:メンズファッションプラス

Tシャツの上から羽織っても、秋冬にコートを合わせても着こなせるのがパーカーのいいところ。

基本的に上着として着る場合は、前を開けるか少し閉じるくらいがおすすめ。ダブルジップのタイプならより着こなしにバリエーションが出来るよ。

サイズのポイントはジャケットよりもゆとりを持たせて着るのがベスト。サイズがSやMでもすこしゆったりとしているのはそのため。

コートを上から羽織る冬の場合はなるべくピッタリサイズを選ぶこと。着ぶくれの原因にもなるし、だらしない。

袖の長さは手首がきちんと出ているかチェック。長すぎるのはゆるいというよりみっともない。

萌え袖を狙ってやるというおしゃれもあるけど、童顔のメンズ以外はやらない方がいいよ。結構な確率で失敗するので。

スポンサーリンク


カーディガン

刺繍入り長袖ニットカーディガン(グレー)

ゆるカジファッション好きなら必ず愛用していると言っても過言ではないのがカーディガン。

パーカーよりも薄く春や秋、さらには夏でも上着として使うことの出来るアイテム。

サラッと羽織る感じをイメージしてサイズを選ぶのがポイント。シャツと合わせるならぴったりサイズ。カットソーと合わせて前を開けるならゆるめ。

基本的には肩幅と袖の長さに注目すればOK。

丈は多少長くてもOK。手首を完全に出してもいいし、そうでなくても着こなしやすい。萌え袖狙いならカーディガンがベスト。

この上からPコートやダッフルを羽織るときは、手首が出る袖の長さのものを選ぼう。

コート

pcoat

出典元:メンズファッションプラス

コートは秋~冬の定番アウター。防寒もしっかりしていて寒い日にはばっちり。

コートは生地が他のアウターよりも厚いことが多く、体がモコっとしてしまいがち。

大きめのサイズを選ばずに自分にピッタリのサイズを選ぶこと。その方がシルエットもすっきりするからコーデ全体を綺麗に見せることが出来るよ。

ショート丈なら腰まで、トレンチコートやチェスターコートのようなロングコートでもあまりにも長い丈のコートはやめておこう。

どこぞのゲームのキャラみたいになるからね。Vホス系、お兄系ならそういう着こなしもアリ。

まずはキレイ目カジュアルの鉄板アウター、Pコートが一番使いやすいのでおすすめ。長さは近年人気のショート丈を着こなすべし。

アウターのサイズはファッション全体のシルエットを決める重要なポイント。

適当ではなく、自分にあったサイズ選びを心がけておくのがモテるコーデを知るポイント。今回のことを踏まえて自分に合ったサイズのアウター選びをしてね。

⇒アウター別暖かさのまとめはこちらから

スポンサーリンク