11月、おしゃれで女子ウケするメンズファッション2018年秋冬編

そろそろ秋冬ファッションの買い物を始める時期。

2018年の秋ファッション必須アイテムは?トレンドは?関東の気温はどうなのかな?

今回は、おしゃれを目指すメンズに向けてこの秋、11月の徹底解析と実際のコーデを紹介するよ。

こんなメンズにおすすめ!
  • 11月の気温に合わせたおしゃれなコーデを知りたい!
  • 秋に持っておくべきアイテムを知りたい

スポンサーリンク

11月の平均気温は?

1.平均気温は12度前後(東京基準)

出典元:AccuWeather

11月の東京は最高気温が15度前後、最低気温が10度前後になる。

京の今年の11月は、中旬までは最高気温20℃前後、最低気温は10℃前後。

後半に入ると最高気温は15℃前後、最低気温は8℃前後と寒さが増す予報。 今年は関東全域で東京と同じような予報になっています。

11月のコーデポイント

朝晩の気温差が出てくる11月はアウターや小物が大活躍。

おしゃれコーデのポイントをしっかり押さえて上手に活用しよう。早速コーデのポイントをチェック!

1.シャツ+アウターがシンプルかつ女子ウケもいい!

11月に限らず、いつの季節でも間違いないのがシャツ+アウター。

清潔感もあって、どんなシーンでも誰に会っても好印象を与えられるよ。

出典元:メンズファッションプラス

もちろん、女子ウケも抜群だからデートや合コンなどにもオススメ。

出典元:sputnicks

アウターはその日の気温に合わせて選ぶこと。

冬向けメンズアウター別暖かさ比較対決!一番暖かいのはどれだ!?

2014.01.10

2.キレイめコーデが大人っぽく見せるコツ

大人っぽい着こなしをしたいメンズにはキレイめ(キレカジ)コーデがオススメ。

「キレイ」なコーデではなくあくまで「キレイめ」なので、難しく考えずに、カジュアルなアイテムとキレイめアイテムを上手くミックスさせて、落ち着きのあるキレイめカジュアルコーデを完成させよう。

キレイ目が7割、カジュアルが3割くらいを目安するのがおすすめ。

キレイ目カジュアルな着こなしは?女子ウケのいいメンズファッション

2016.01.02

3.寒い日、夜は冬用アウターやマフラーで防寒対策!

気温が10度を下回る日、また、日中は暖かくても夜間にはしっかりとした防寒用アウターが必須。

さらに、日差しや気温がある程度あっても、風が強ければ体感温度はグッと下がるので注意しよう

冬向けメンズアウター別暖かさ比較対決!一番暖かいのはどれだ!?

2014.01.10

小物たちをコーデに上手く取り入れるとオシャレ度も上がるよ。

冬コーデ向きメンズマフラーのおすすめ、色、長さ、素材、柄の選び方ポイント

2016.11.15

11月のコーデに必須のアイテムは?

ここからは実践編。 この時期に1枚ずつでも持っていれば必ず活躍してくれる、頼れる必須アイテムを紹介するよ。

ロング丈カットソー(2〜3枚)

出典元:Dcollection

ロング丈カットソーは1枚で着ても、重ね着用のインナーとして着てもOK。

防寒対策として、レイヤード風に着てもおしゃれだし、ビッグシルエットなどのすこしゆったりめのカットソーなら中に暖かなインナーを着てもモコモコせずに着ることができるよ。

シャツ(2~3枚)

シャツは活用バリエーションが豊富なアイテム。

出典元:SPUTNICKS

薄手のシャツは袖をまくることで寒暖差に対応できるし、厚めのシャツなら暑かったら脱いで腰に巻くこともできる。

前ボタンの開閉でイメージも変わるし、コーデの幅も広がるよ。

メンズシャツの種類、生地、袖、着こなし方春夏秋冬まとめ 

2016.05.25

パーカー(1〜2枚)

出典元:Dcollection

気軽に着れるアイテムとして人気のパーカー。 キレイめなパンツや靴と合わせれば、大人っぽくキメることができる。

手首にリブが付いているものも多いから、袖まくりで気温変化対策もバッチリ!

基本的にはジッパーのついた、モノトーンのものがおすすめ。単体でも重ね着でも使いやすく、かなり便利。

メンズパーカーの選び方、おしゃれな着こなし方、コーデのポイント

2013.07.12

ニット(1〜2枚)

出典元:SPUTNICKS

ニットは秋冬らしいアイテムの一つで、特に無地のニットは大人っぽく見える。

柔らかな印象を与えてくれ、シャツやカットソーとの重ね着にも使い勝手が良い。

周囲に差をつけたいメンズは、トレンドカラーのニットなんかを着ると遊び心も感じられて素敵。

ちなみに、この秋のトレンドカラーはボルドーやイエロー、カーキ、ブルーといった寒色系も流行り。

⇒ニットの着こなし方についてはこちら

ロングカーディガン(コーディガン)

出典元:SPUTNICKS

数年前から登場したコーディガン(コートのような長めの丈のカーディガン)は、気温変化に対応しやすくトレンド感もあるおしゃれアイテム。

ニット生地の割にカジュアルっぽく見えにくい分、着ていけるシーンも広がるし、ボトムとの相性も幅広く着回しに苦労しない。

秋冬向け、メンズコーディガンの着こなしとコーデのポイントは?

2016.11.22

チェスターコート

出典元:メンズファッションプラス

近年、メンズの欠かせない定番アウターとして爆発的に人気なチェスターコートは、襟元のV字ラインが特徴的なテーラードジャケットの着丈を伸ばした形のアイテム。

パーカーやタートルネックなどのアイテムとも合わせやすく、着回し度も高い。春にも使えるので使い回せるのが便利。

秋冬メンズチェスターコートの着こなし方や選び方、コーデまとめ

2015.12.10

MA-1

出典元:Dcollection

新鮮な感覚のミリタリーアイテムとして人気のMA-1。

裾や袖にリブが施されているため、体にピッタリとフィットし風が侵入することが少ないMA-1は、防風・防寒性にも優れているよ。

⇒MA-1の着こなし、選び方についてはこちら

スキニーパンツ(スキニーデニムでもOK)

出典元:Dcollection

スキニーのポテンシャルの高さは言うまでもない。キレカジを目指すなら必須中の必須アイテム。

秋はアウターなどで上半身がボリューミーになるから、細身のスキニーを履くことでキレイな縦ラインが出せて大人っぽく、さらにスタイル良く見せることができる。

メンズスキニーパンツの着こなし方、サイズ選びポイント、コーデまとめ

2015.07.09

スキニーパンツが苦手だったり、入らない場合はテーパードパンツがおすすめ。

メンズテーパードパンツとは?着こなしと選び方、コーデの基本

2016.10.17

服装に迷ったら、こんなイメージでコーデを考えてみて。

15℃・14℃秋物コート・薄めのアウター+冬服。重ね着。

13℃・12℃秋物・冬物コート+冬服・重ね着。ニット・ストールなどの小物も。

11℃・10℃冬物コート+冬服+厚めのソックス・ストール・マフラー。

スポンサーリンク

アイテム別、11月の秋冬簡単おしゃれメンズコーデ

11月のシャツを使ったおすすめコーデ

トレンドのブルーシャツをモノトーンと合わせる

出典元:Dcollection

おしゃれ初心者にオススメなのが、この「モノトーン+1色」コーデ。

その1色に流行りの色を使うと、トレンド感も出てかっこいい。

この秋は、ブルーなどの寒色系も人気。男っぽくキメたいメンズは是非挑戦してみて。

カジュアルなベストでも上品にキマるのがシャツの良さ

出典元:WEAR Kinch@nさん

シャツはそれだけでキッチリとした感じが出せるから、カジュアルなアイテムと合わせてもキレイにまとまる。

ダメージ仕様のデニムもスキニータイプをチョイスすれば、キレイめアイテムと好相性。

11月のニットを使ったおすすめコーデ

白ニットは女子ウケがよく、使いやすい!

出典元:メンズファッションプラス

ニットで女子ウケと清潔感をゲットしたいなら、絶対白ニットがおすすめ。

パンツを黒のスキニーにするだけで、キレカジコーデが出来上がるので初心者でも簡単。

 

出典元:WEAR ぴたんさん

チェックシャツにニットを重ね着して、首元、手首、裾からチェック柄がのぞいているのがおしゃれ。

レイヤード風に着ると、縦長でスッキリとしたシルエットになるよ。

靴下の白がチラッと見えて、それがニットやベルトとの統一感とメリハリを出してくれてる。

11月のジャケットを使ったおすすめコーデ

細身のライダース人気は今年も健在

出典元:SPUTNICKS

男らしいライダースも最近はシンプルなデザインになって、着やすいアイテムになったよ。

カジュアルで重みのあるイメージだけど、こんなデザインなら、キレイめアイテムとも合わせやすいジャケットとして使える。

ワイルドにキメたいけどキレイに仕上げたい時にオススメ。

シンプルで使いやすい!テーラードジャケットコーデ

出典元:メンズファッションプラス

ジャケットの定番、テーラードジャケットは黒で。カチッとさせすぎないポイントはスニーカーなどのカジュアル系の靴を選ぶこと。

シルエットはIラインを意識したスッキリ縦長にすること。パンツはチノパン、スキニーなどでいいけれど、ダボつかないように注意。

11月のステンカラーコートを使ったおすすめコーデ

着るだけで大人っぽさが出せるステンカラーコート

出典元:Dcollection

落ち着いた雰囲気が出せるステンカラーコートは、大人っぽいコーデを作りたい時にオススメ。

シルエットもキレイで、ウール・ポリエステル・ナイロン等でつくられているものが多いから防寒性も高く、この季節には欠かせないアイテム。

11月のチェスターコートを使ったコーデ

シンプルな中に上品さと柔らかさがあるコートコーデ

出典元:Dcollection

インナーのボルドーが季節感があって秋らしいコーデ。

チェスターコートは手軽に「素敵な大人のメンズ」に見せることができるコート。

いつものスタイルに羽織れば、今までとまったく違った印象になる。

シンプルコーデだけど大人っぽいチェスターコーデ

出典元:メンズファッションプラス

「難しいことをしなくても、こんなにカッコよく着こなせるんだ」というお手本コーデ。

優しい印象の白ニットに定番の黒スキニーを合わせるだけで、清潔感もありスッキリとした縦長ラインで女子からも好印象。

チャコールのチェスターコートはオフィシャルでも使える落ち着き感がポイント。

自分らしさを出したいなら、マフラーやハット等の小物で遊ぶのも良さそう。

どんなデートにも失敗しない大人コーデ。

足首見せでアクセントをつけたモノトーンコーデ

出典元:WEAR @tomozo_1202さん

オールブラックでシックにまとまっているね。

足首の素肌を見せてアクセントをつければ、全体がグッと締まってメリハリが出る。

寒い日には、ボルドーや白などのストールでアクセントをつけるのも良いね。

11月のコーディガンを使ったおすすめコーデ

デニム×ロングコーディガンの組み合わせ

出典元:Dcollection
柔らかな印象を与えてくれるコーディガンは、デニムと合わせてもOK。

でも、着丈が長いコーディガンは細身のパンツと合わせるのが鉄則だよ。

カジュアルなコーデにサラッと羽織れば、一気にキレイめコーデに変身。

スニーカーにも合わせやすい気軽さがオススメ

出典元:WEAR YUさん

11月のパーカーを使ったおすすめコーデ

ステンカラーコート×パーカーでアクティブイメージ

出典元:WEAR とっしーさん

カジュアルめな服装が好きなメンズにオススメのコーデ。

キレイとカジュアルのバランスがすごくいいね。

リュックを加えたり、スニーカーと合わせると、さらにストリート感を感じさせるコーデをつくることができるよ。

ライダースジャケット×パーカーの組み合わせ

出典元:SPUTNICKS

パーカー×ライダースコーデ。

パーカーはトレーナータイプでもOKだし、こんな風にジャケットタイプでもかっこよくキマる。

パーカーも本革のような質感をもつジャケットを合わせれば、洗練された大人のメンズになれる。

11月のMA-1を使ったおすすめコーデ

MA-1×カットソーの男らしさと、都会的なおしゃれさを併せ持つコーデ

出典元:メンズファッションプラス

MA-1はワイルドイメージで防寒性も高いから、秋冬には大活躍する。

コーデはガチャガチャさせず、白インナーや細身のパンツと合わせることでMA-1の存在感が出せる。

足首を露出と軽めの靴で、MA-1を着ながらも全体を軽く見せている。

MA-1×レイヤード×スキニーで最強スタイルアップコーデ

出典元:WEAR とっしーさん

レイヤードでスタイルアップさせて、さらに、細身のパンツでスッキリまとめている。

上半身にボリュームがあるから、スキニーパンツは履くことで、足首に向かって細い縦長のラインが出せている。

ネイビーのMA-1ならどんなインナーとも合わせやすいから、ヘビロテ確実。

11月のダッフル、Pコートを使ったコーデ

ダッフルコートを大人コーデで着こなす

出典元:sputnicks

ダッフルコートも女子からの人気が高いアイテムだけど、どこか子どもっぽいイメージで避けがち。

でも、それは間違い! 冬らしいキレイめアイテムの白タートルネックとスリムな黒デニムで大人っぽさを出せば、ダッフルコートも上品さを加えてくれるアイテムになる

イルミネーションデートやその後のディナーにピッタリのコーデ。

Pコートを使った手軽な重ね着風コーデ

出典元:メンズファッションプラス

「コーデを考えるのが難しい、面倒」と思っているメンズにオススメなのが重ね着風のPコート。

女子から絶大な人気を誇るPコートを重ね着風で着こなせば、モテ度アップ間違いなし。

インナーにはインパクトのあるワインカラーを合わせて、大人っぽく決めよう。

これなら、お気に入りのインナーにコートを羽織ればモテコーデがゲットできる。 前を閉めて着てもこなれ感が出てかっこいいよ。

まとめ

「あれもこれも準備して」と考えるとおしゃれの楽しさも半減しちゃうから、冬は、アウターやトップスにフォーカスしてコーデを考えよう。

女子からの好感度を得るには、とにかくシンプルで大人っぽくがキーワード。難しく考えずにシンプルにまとめよう。

「おしゃれに我慢は必要」という人もいるけど、この時期のファッションは、楽しみでもあり、防寒という大事な役割も担っているから、寒さを我慢するようなコーデは避けて欲しいな。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

おしゃれ初心者がまず揃えるべき10のメンズファッションアイテム

2018年夏のメンズファッショントレンドと着こなし、コーデまとめ

夏のおすすめメンズファッションポイント、コーデをチェック!

服のことがわからないメンズへ

おしゃれになりたいメンズが最初に読むべき記事まとめ