女子ウケするおしゃれなメンズファッションはいくらで出来る?

今回のテーマは「女子ウケするファッションはいくらで作れるか?」。

「オシャレに見られたい」「女子にモテたい」

「オシャレな服って高そうだし・・・」「でも洋服に使える予算には限りがあるし、どーすれば良いんだ!」

って思ってるメンズのために、予算と相談してオシャレな全身コーデが作れちゃうように、必要な各アイテムごとの大体の金額&季節ごとの全身コーデの目安を紹介するよ。

スポンサーリンク

コーデを決める基本の3アイテム

1コーデに必要な服は基本、3アイテム。

コーデに必要なアイテムは?
  • トップス(シャツ、カットソー、Tシャツ)
  • パンツ(デニム、チノパン、スキニーパンツなど)
  • アウター(コート、パーカーやカーディガンも含む)

基本的には、この3点の合計金額が1コーデの値段として考えよう。

夏ならTシャツとデニムだけの2アイテム。

冬はカットソーとカーディガン+パンツ+コートの4アイテムに増えたりと季節による変化はあるけど、メンズコーデの基本は3アイテムで決まるって覚えておこう。

基本は1コーデ10,000円〜30,000円くらい!

基本の3アイテムで作る1コーデの目安は、10,000円~30,000円。

とは言っても、洋服の値段はピンキリ。シャツ一枚で数万円もするものもあれば、ワンコインで買えちゃうような安いTシャツまでたくさんある。

アイテム数の少ない夏は、10,000円もかからずオシャレなコーデが作れたりもするし、冬はアウターがプラスされる分金額も高くなる。

だから季節によっても違うけど、平均的に30,000円もあれば結構おしゃれな全身コーデが作れるんだよ。

季節毎のコーデ金額
  • 春、秋 15,000円〜25,000円くらい。
  • 夏 10,000円〜20,000円くらい
  • 冬 20,000円〜30,000円くらい

って感じ。基本的に夏が安く、冬が高い。春秋は同じくらいって思っておけば大丈夫。

実際けいけいは年間通してこれ以上の金額でコーデするってことはそうないかな。どうしても欲しいブランドのアウターとかそういうのがあった時くらい。

学生と社会人はコーデの値段が違うの?

ここで気になるのが、学生と社会人だとコーデの値段って変わったりするのか?ていうこと。

これは学生(大学生・高校生)と社会人で分けてみていこっか。

◆大学生・高校生の場合◆

コーデの基本になるアイテムは、学生メンズも社会人メンズも当然同じ。

まだ学生メンズのあなたなら、そこまでお金をかけなくてもOK。

ブランド物じゃなくても通販やファストファッション(ユニクロとかGUね)、古着やフリマなども活用しつつ、どうしてもほしいブランドの服なんかは別で買うのがおススメ。

大事なのは、「金額の高さ」よりも「全体的にキレイ目にまとめる事」だから覚えておこう。上で話した季節別のコーデの値段内を基準にすれば大丈夫。

ユニクロでもおしゃれでコーデに使えるメンズ服の選び方と注意点!

2017.03.20

◆社会人の場合◆

社会人メンズの場合も、基本は同じ。ただ、学生の頃よりもTPOに合わせた服装が要求されるようになるので要注意

つまり、目上の人に会う時やかしこまった場所に行く時に、Tシャツ&デニムってわけにはいかない。そうなると、学生メンズよりも全身でのトータル金額が高くなる場面も増えるよね。

それでも、目安は30,000円位と思っておけば問題ないよ。

学生でも社会人でもそこまで大きな金額差は無い!

アイテム別の予算もチェック。

金額のことばかり考えていても、オシャレメンズにはなれない。

安い服=オシャレじゃない。って言うわけじゃないし、高ければ良いって言うわけでもない。

もちろん価格は商品を表す1つの目安だけど、最近はファストファッションでも値段以上のおしゃれな物も多い。

だから、安いものも、高いものもうまく取り入れるのがポイント。

お金をかける順番は?
アウター(コートやジャケット)>パンツ>>インナー

一番気を使いたいのはアウター。

特に冬の場合は、アウターがコーデ全体の印象を決めると言っても過言ではないので、一点集中でアウターにお金を掛けるっていうのもアリだよ。

次にメンズコーデの場合、気を使って欲しいのはパンツ。

下半身の印象を左右する重要なアイテムだし、一年中着回す事が基本になってくるアイテムだから、良い物を1本は持っておくべし。

そしたらアイテム別で更に詳しく金額と選ぶポイントを紹介するよ。

インナーは3000円前後、安いのでも着回し力&金額のバランスが大事!

Tシャツやシャツなどのインナーは、何かと一年中出番が多いから、着回し力(使い回しやすい)で選ぶのがポイント。

金額的には、ワンコイン(500円)〜1,000円で買えちゃう物もあるし、高い物だと7,000〜1万円以上する様な物も。

平均的には、Tシャツなら3,000円位、シャツも4,000円位あれば十分オシャレな物に出会えるよ。

予算が厳しい場合は、ユニクロやWEGOなどのファストファッションで選ぶのもあり。

出典元:Dcollection

デニム風のインディゴカラーが爽やかなTシャツ。夏なら1枚で十分オシャレなアイテム。

春や秋なら、パーカーとかカーディガンのインナーとしてポイント使いも出来るよ。

出典元:SPUTNICKS

キレイ目インナー代表のシャツ。使いやすさで選ぶなら、ボタンダウンが断然おススメ。

ジャケットのインナーとしてはもちろん、デニムとの相性も良いから、休日デートでも活躍してくれるよ。

アウターは10,000円前後のものがおすすめ!

全身コーデの中で、1番頑張るべきとも言えるのがアウター。

特に秋冬の場合、コートやジャケットなどのアウターで印象が決まってしまう。だから、ある程度良いものを買うのがおススメ。

安くても5,000円〜、高い物なら30,000円位。おススメは10,000円前後程度の物がちょうど良い。

出典元:メンズファッションプラス

先ず買うべきはテーラードジャケット。

学生メンズも社会人メンズも、とりあえず黒のテーラードは必須アイテムだよ。

テカテカし過ぎてる物や、薄っぺらい素材感の物は実際の価格以上に薄っぽく見えちゃうから要注意。

出典元:SPUTNICKS

女子ウケも抜群だし、着るだけで大人っぽくキレイ目なコーデが作れるチェスターコートもオススメ。

上品なネイビーならビジネスにも、カジュアルにも着こなしやすい。

30,000円以下で十分上質でオシャレな物が見つけられるハズだよ。

パンツの選び方は2パターン(安く複数か、高いものを長く使うか)

メンズなので、パンツは絶対欠かせないファッションアイテムだよね。

極端な話、デニム一本で真夏も真冬も一年中乗り切ることも出来なくはない。でも、女子ウケは期待出来ないから要注意。

パンツで下半身全体のイメージが決まるので、ある程度お金をかけてもOK。

目安としては、安くて2,000円位。高い物は15,000円位。

おススメは、着回し力高めな7,000〜10,000円前後の物を年間通して着るスタイル。

または、3,000円位の物をシーズンごとに複数枚買って使いまわすタイプに分かれる。

出典元:Dcollection

あんまりコストをかけられない学生メンズなら、とりあえず5,000円前後の黒のスキニーパンツを買おう。

Dコレクションのスキニーパンツを履いてみた。感想、評価レビュー

2016.12.30

どんなトップスでも合わせやすいし、一年中使えるから価値ある5,000円って言える。

出典元:SPUTNICKS

下半身全体のイメージを決める重要なアイテムなので、大事なのはシルエット。

ちょっと奮発出来るなら、10,000円以上する物を買っても損は無い。

特に社会人メンズの場合、素材感とかも含めて安っぽいパンツは男の価値を下げる要因にもなり兼ねない。女子のチェック力は厳しいからね。

じゃあ、季節別オシャレな全身コーデと金額について見ていこう。

スポンサーリンク

春夏秋冬オシャレコーデ&金額

それじゃあ、季節ごとのオシャレな全身コーデと金額を見ていこう。

キーワードは「爽やかさ」で選ぶおしゃれな春コーデ

出典元:SPUTNICKS

カットソー、ジャケットカーデ、パンツの基本3アイテムで23,000円弱で作れる春の爽やか全身コーデ。

一年中ヘビロテ間違いなしのスキニーデニムは「ちょっと良い物」がオススメ。ジャケットカーデも女子ウケ抜群だから要チェックだよ。

10,000円以下の夏の定番ボーダーTシャツコーデ

出典元:Dcollection

Tシャツとボトムで8,000円以下。真夏ならハーフパンツを合わせて、さらにプチプラも可能。

アイテム数が少ないので、自然と夏のコーデはお手頃価格になる。余裕があるなら、高のTシャツで一点集中コーデもアリだよ。

知的な大人の秋コーデだって15,000円で出来る!

出典元:SPUTNICKS

知的で上品な印象のグレーニット、1枚でも十分使えるボタンダウンシャツ、美脚で人気なブラックチノパン。

この3アイテムで15,000円ちょっとの高コスパコーデ。ニット無しで春のコーデとしてもOKだし、コートを羽織れば冬コーデにもなる。

人気のチェスターコートを使った4点コーデ

出典元:メンズファッションプラス

ニット、カットソー、パンツ、コートまで含めた4アイテムで30,000円とちょっとで作れちゃう冬の全身コーデ。

女子が好きな清潔感のある、キレイ目な大人スタイルで文句ナシだよ。

11,000円で完成 春のベーシック3点コーデ

haru

出典元:Dcollection

外の風が気持ち良い春。ライトグレーのパーカー、白いカットソー、ブラックスキニーパンツ。ベーシックなこの3つがあれば、春のコーデは出来上がり。

それぞれ着回し力抜群なのに11,000円で全身揃えられちゃうよ。

シューズや小物を足しても、30,000円以下で完璧な全身コーデの出来上がり。

しかもこの基本3アイテムがあれば、寒い時は更にアウターを羽織ったり、逆に暑い日はカットソーとパンツだけでもOKで1年中ヘビロテ間違いなし。

爽やかTシャツがポイントの格安夏コーデ

natsu

出典元:メンズファッションプラス

夏は薄着の季節だから、アイテム数が少ない分金額的にも安くなる傾向にはあるよね。

ブランドものとか特に高い物は別として、トップスとボトムで8,000円もあれば十分オシャレが楽しめる。

ただ、アイテム数が少ない分トップスで印象が決まるとも言える。無地ものや夏らしいボーダー系が数枚あれば、ひと夏過ごせるよ。

ボトムも夏は爽やかで涼しげな物を選ぼう。くるぶしを見せるアンクルパンツは、キレイ目もカジュアルも両方使えておススメ。

ニットカーデでしっとり大人の秋コーデ(20,000以下)

aki

出典元:メンズスタイル

春と同じで、ちょっとした羽織りものが活躍する秋。

中でも、ニットカーディガンなら、季節感もあるし大人っぽくておススメ。インナーには白シャツ、ボトムはデニムを合わせたキレイ目カジュアルコーデ。

アラサーメンズが着てもチープなイメージにならず、20,000円以下でオシャレなコーデが作れる。デニムもピンキリだけど、5,000円もあれば十分カッコ良い物が買えるよ。

アウターを使った社会人向け冬コーデ(30,000円以下)

fuyu

出典元:スプートニクス

インナー・アウター・ボトムの3アイテムの場合でも、防寒的に一着プラスした4アイテムでも、他の季節と比べてどーしても高くなるのが冬コーデ。これは仕方がない。

それなら、コーデのカギを握るアウターにお金を掛けるのがベター。多少高くても、良い物を持っていれば長く着られるから損はないよ。

着回し力も高くてずっと着られる定番Pコート、シンプルなニット、美脚パンツで30,000円位ってところかな。

まとめ

季節ごとのコーデと、1コーデに掛かる金額の目安は分かったかな?

お金は掛けられるならどれだけ使っても良いと思うけど、フツー使えるお金には限りがある。

洋服の値段って本当にピンキリだから、おしゃれ初心者メンズがむやみに値段の高いブランドに手を出すのは危険。

10,000円~30,000円の目安、参考にしてね。

全身コーデをなるべく安く、かつおしゃれで女子ウケもしたいメンズはこちらもチェック。

◆10,000〜30,000円以内で初心者でもおしゃれで女の子ウケするコーデがほしいなら◆

⇒メンズファッションプラス

返品が30日保証(洗濯済みでもOK)という異例のショップさん。無難でかっこいい、定番コーデが手に入るよ。

⇒sputnicksはこちら

女子ウケ抜群の大人っぽいキレカジコーデがしたいならスプートニクス。ちょっと値段がよくて、長く使える、社会人メンズ向けのショップ。

人気メンズファッション通販 D collection

トレンドを優先的に取り入れてるショップ。価格もリーズナブル!大学生のあなたでもグッとおしゃれに。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

おしゃれ初心者がまず揃えるべき10のメンズファッションアイテム

2018年夏のメンズファッショントレンドと着こなし、コーデまとめ

夏のおすすめメンズファッションポイント、コーデをチェック!

服のことがわからないメンズへ

おしゃれになりたいメンズが最初に読むべき記事まとめ