ワークブーツ(Work Boots)〜メンズファッション用語集〜

「ワークブーツ」は英語で【英語:Work Boots】。
広い意味では労働者の丈夫な作業用ブーツ。

レースアップワークブーツ(ブラック)

デザイン的には一般的にブーツの丈の長さがくるぶしまであり、
鳩目にひもを通し、しっかりとひもを結んで
履く革製ブーツのことを指します。

比較的どんなファッションにも合いやすいため、
現在ではファッションアイテムとしても一般に広まっています。

「ワークブーツ」は、しっかりした革製の
どっしりとした靴なので、男らしいイメージ。

特にジーンズとの相性は抜群!

例えば、カーキ色のパーカーに
細身のブラックジーンズの着こなし。

足元をブラックの「ワークブーツ」にすれば、
すっきりとした大人の男らしさ香る着こなしに。

あるいは、グレー&ワインレッド系の
チェックシャツにオリーブ色のカーゴパンツ。

足元はどっしりとしたブラックの
「ワークブーツ」を合わせれば、
ワイルドなアメリカンカジュアルに。

男らしさを演出する「ワークブーツ」、
1足は持っておくことをオススメします♪

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

おしゃれ初心者がまず揃えるべき10のメンズファッションアイテム

2019年春のメンズファッショントレンドと着こなし、コーデまとめ

2019年春のおすすめメンズファッションポイント、コーデをチェック!

服のことがわからないメンズへ

おしゃれになりたいメンズが最初に読むべき記事まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

学生時代はクソダサい服装だった20代社会人。友達に服を選んでもらい、それが女の子から褒められたことをきっかけにおしゃれに興味が沸く。 少しづつ服装を改善していって、彼女も出来た。

自分の経験を生かして、服(ファッション)に自信がない男性が自分でおしゃれなコーデを出来るようになって、女の子からモテるようになるためのこのブログを運営中。 高いブランドよりも使いやすいシンプルな服が好き。外よりも通販派。

⇒詳しいプロフィールはこちら