スタジャン(stadium jumper)〜用語集〜

スタジャンとは、スタジアムジャンパーの略語のこと。

スタジアムジャンパーとは丈が腰ぐらいまで、
厚手の生地で作られた防寒着のことです。

スポンサーリンク

前開きタイプのものでボタンやジップで
閉開できるようになっており左右にポケットが付いています。

普通のジャンパーと違うところは以下の通り。

  • 腕の部分と身頃の色が違う
  • 腕の所は革素材でできている
  • 襟元や裾に2本のボーダーラインが入っているものもある
  • 胸や後ろにロゴやワッペンがついている

このスタジアムジャンパーと聞くと
野球や野球選手などをイメージする人もいるでしょう。

 

それもそのはずで、スタジャンの元は
アメリカの野球選手が練習時に
着用するユニホームだったんです。

けいけいもちょこっと調べてみました。

スタジャンの発祥は19世紀にまで遡ります。

アメリカのエリート大学の野球チームのユニホームとして作られたのが始まりで、
大学名や自分の名前のイニシャル、所属チーム名などが刺繍されておりました。

またスポーツ大会で優勝した選手に記念として
送られるジャケットとしても使用されており
そこからアワードジャケットという呼び方が生まれました。

(引用元:着こなしガイド

 

このスタジアムジャンパーという言葉は和製英語です。

 

本来は上記のようにアワードジャケット
またはレタージャケットと呼ばれております。

アメカジファッションの代表的なアイテムとして人気ですね。

アメカジファッションをやってみたい方は
ぜひとももっておきたいアイテム。

ワッペンなどがなくシンプルで
綺麗めカジュアルにも着こなせるものもあります。

 

スタジアムジャンパーは、身頃と腕の部分の色が違うので
デザインや配色によってカジュアルからクールな感じまで
いろんなコーデを楽しむことが出来ちゃいます。

いくつか持っていると
おしゃれの幅が広がって楽しめるかと思いますよ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

おしゃれ初心者がまず揃えるべき10のメンズファッションアイテム

2018年夏のメンズファッショントレンドと着こなし、コーデまとめ

夏のおすすめメンズファッションポイント、コーデをチェック!

服のことがわからないメンズへ

おしゃれになりたいメンズが最初に読むべき記事まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代はクソダサい服装だった20代社会人。友達に服を選んでもらい、それが女の子から褒められたことをきっかけにおしゃれに興味が沸く。 少しづつ服装を改善していって、彼女も出来た。

自分の経験を生かして、服(ファッション)に自信がない男性が自分でおしゃれなコーデを出来るようになって、女の子からモテるようになるためのこのブログを運営中。 高いブランドよりも使いやすいシンプルな服が好き。外よりも通販派。

⇒詳しいプロフィールはこちら