ラグラン袖(Raglan sleeve)〜メンズファッション用語集〜

「ラグラン袖」は、英語で【Raglan sleeve】袖の形の名称のこと。

名前の由来は、19世紀にイギリスの
ラグラン将軍が考えたことから

「ラグランスリーブ」=「ラグラン袖」

と呼ばれるようになったと言われています。

スポンサーリンク

デザインとしては、袖の付け根部分が襟ぐりから
袖下まで斜めに切り替えが入っているのが特徴。

ラグラン

腕を動かしやすいのでスポーツウエアや
カジュアルウエアのTシャツ等に多く用いられています。

「ラグラン袖」は肩と袖が斜めに一続きとなっているため、
肩幅をあまり気にせずに着ることができるのも利点。

また色もおしゃれな2色使いが一般的です。

例えば、袖が紺色、身ごろが白色と違う色で
バランスよく配色されているため、オシャレ。

最近では、色数も豊富な半袖や七分袖の
「ラグラン袖」Tシャツも沢山出ています。

一着はもっておくと便利ですよん。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

おしゃれ初心者がまず揃えるべき10のメンズファッションアイテム

2019年春のメンズファッショントレンドと着こなし、コーデまとめ

2019年春のおすすめメンズファッションポイント、コーデをチェック!

服のことがわからないメンズへ

おしゃれになりたいメンズが最初に読むべき記事まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代はクソダサい服装だった20代社会人。友達に服を選んでもらい、それが女の子から褒められたことをきっかけにおしゃれに興味が沸く。 少しづつ服装を改善していって、彼女も出来た。

自分の経験を生かして、服(ファッション)に自信がない男性が自分でおしゃれなコーデを出来るようになって、女の子からモテるようになるためのこのブログを運営中。 高いブランドよりも使いやすいシンプルな服が好き。外よりも通販派。

⇒詳しいプロフィールはこちら